海外FX

Anzo Capital Limitedの評判は?長所と短所を解説

こんにちはShunです。

オオカミ君
オオカミ君
Anzo Capital LimitedってFX会社が気になっているけど、評判とか実際どうなんだろ?

これまで海外FX会社はXMの一強でしたが、最近ではXM以外の魅力的な海外FX会社が増えてきました。そんな海外FX会社の1つがAnzo Capital Limitedです。

このページではAnzo Capital Limitedの長所と短所、海外での評判を紹介していきます。

Anzo Capital Limitedの評判まとめ

  • Anzo Capital Limitedはベリーズ共和国の金融ライセンスを取得しており、利用者の資金は完全信託保全、そしてスプレッドが狭く約定力が高いという、良い海外FX会社の条件を満たしている
  • 一方で、運用実績が短く利用者の口コミなどを確認できず、万が一の際などの対応が気になる

 

完全信託保全があり、スプレッドも比較的狭めで約定スピードが0.2秒ということもあり僕はお勧めできる海外FX業者だと考えています。

今のところ日本国内トレーダーの中には出金拒否などの噂や情報もないので運営歴が長くなるにつれて、これから人気のFX業者になっていくと思います。

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)利用者からの実際の評判

まずはTwitterで実際にアンゾーキャピタルを利用している方の声に着目してみます。Twitterの評判って信用できるのかよ?という方もいますがウェブサイトだと、どうしてもサイト運営者の意見が強くなってしまって実際の利用者の声を聴きにくい場合ってあると思います。

 

実際の利用者の声こそ価値があると僕は考えているので、まずはTwitter上での評判を紹介します。

 

Anzo Capitalの強みは証拠金が1000万円まで500倍のレバレッジをかけることができるところです!これで取引によって資産が膨れ上がった場合でも安心して高レバレッジ取引を行うことができますね!」 って、どうなる事やら・・・

スプは国内と比べるとどうしても高くなりますよね個人的にいいなと思ったのはAnzo Capitalです。ここ手数料が往復750円/1lotで、レバレッジ500倍のロスカット水準20%で仮想通貨、為替、商品、指標とか幅広く扱ってるのでなかなかやな、って思いました。 ただだれも使ってないので検証が必要ですw

anzocapitalの情報をツイートをしているのはありましたが使い勝手をツイートしているのは発見できませんでした。しかしanzocapitalはいま少しづつ人気の出ているFX会社で悪評がないのは一定の信頼があると僕は考えます。

 

基本的に嫌な事やダメな事はツイートされますが良い事ってあまりツイートされないんですよね。にもかかわらず出金拒否やレート操作についての情報はどこにもないので僕はやはりanzocapitalは信頼できる会社であるし好意の持てるFX会社だなと感じました。

AnzoCapital(アンゾーキャピタル)は口座開設でをするメリットはあるのか?

 

Anzocapitalで口座開設を検討した時に他のFX会社と比較をして良い点があれば口座開設をする。というのは誰でも当たり前ですよね。

まず気になるスプレッドを調べてみて驚きました。海外FX屈伸のスプレッドと言っても良い数字が出ています。XM、TitanFX、AXIORY、LANDFX、Anzocapitalでスプレッド調査をした時にUSDJPY、EURJPY、AUDJPY、の通貨で比較をしてみました。

 

USDJPY2位
業者名・口座タイプ平均スプレッド
LandFX【LPボーナス口座】0.80pips
Anzocapital【RAW口座】0.82pips(うち0.72pipsが手数料)
AXIORY【ナノスプレッド口座】1.00pips(うち0.60pipsが手数料)

 

GBPJPY1位
業者名・口座タイプ平均スプレッド
Anzocapital【RAW口座】1.42pips(うち0.72pipsが手数料)
LandFX【LPボーナス口座】1.80pips
XM【ZERO口座】2.10pips(うち1.00pipsが手数料))

 

AUDJPY1位
業者名・口座タイプ平均スプレッド
Anzocapital【RAW口座】1.12pips(うち0.72pipsが手数料)
AXIORY【ナノスプレッド口座】1.50pips(うち0.60pipsが手数料)
LandFX【LPボーナス口座】1.60pips

上記のような感じで他に比較するFX会社を増やせば順位は変わりそうですが十分スプレッドの狭いFX会社だと言えます。

もちろん海外FXの特徴の追証なしのゼロカット方式採用でメール連絡をすると多くの場合その日に返信あるので他のFX会社と比較して口座開設をするメリットは十分あると僕は判断してます。

 

海外FX会社Anzo Capital Limitedの長所と短所

海外FX会社Anzo Capital Limitedの主な長所は以下の通りです。

スプレッドが他の海外FX会社と比較して狭く約定力がある

先ほどもお伝えした通り他の海外FX会社と比較して非常に狭く(取引にかかるコストが安い)約定力もあるのですがAnzo Capital Limitedのリアル口座には2種類の口座があります。

  • 手数料がかかるけどスプレッドの狭いRAW口座
  • 手数料なしで少しスプレッドの広いスタンダード口座

どちらか迷った時はRAW口座がおすすめですが、比較したい場合は公式ページで比較してください。(公式ページで2口座の比較が出来ます。

下表のAnzo Raw口座とXMスタンダード口座は取引手数料を含めて計算したものです。

Anzo
RAW口座
Anzo
スタンダード口座
XM
Zero口座
XM
スタンダード口座
取引手数料0.72pipsなし1pipsなし
ドル円1.12pips1.5pips1.1pips1.6pips
ユーロ円1.03pips1.4pips1.6pips2.6pips
ポンド円1.42pips1.9pips2.1pips2.1pips
豪ドル円1.12pips1.6pips1.8pips1.8pips
ユーロドル0.82pips1.2pips1.1pips1.1pips
ポンドドル1.12pips1.6pips1.4pips1.5pips
豪ドル米ドル0.92pips1.6pips1.3pips3.0pips

 

XMは50万円分の入金ボーナスがあるうえ、半年に一度程度ボーナスのリセット(50万円分再度入金ボーナスをもらえるようになる)がある代わりに、スプレッドが狭いFX会社ではありませんが、AnzoはXMよりもやはりスプレッドが狭いのが分かります。

 

約定率99%約定スピード0.2秒の高い約定力

約定率とはトレーダーが出した注文が、トレーダーの意図した通りに成立する確率のこと。レートは常に変動しているため、例えばトレーダーがドル円111,1円で買い注文しても、注文が成立しない場合や、111,3円で注文が成立してしまうことがあります。

 

しかしAnzo Capitalの場合はトレーダーが注文を出してから平均0.2秒(他のFX会社の平均は0.3秒〜0.4秒ほど)で注文が成立するため、トレーダーの意図した通りに注文が成立する確率が高く、99%です。

ポジションを超短期間保持するスキャルピングなどを行なっている場合、狙えるpipsは大きくありません。そのため1pipsのスリッページも避けたいものですが、Anzo Capital Limitedであれば、スリッページは発生しにくいです。

最大レバレッジ500倍で資金効率を高めることが可能

最大レバレッジ888倍以上のXMや、最大レバレッジ1000倍のIFCMarketやInstaForex等と比較すると、Anzo Capital Limitedの最大レバレッジは低いです。しかし最大レバレッジが500倍以上のFX会社を利用していても、最大レバレッジを利用することはあまりありません。最大レバレッジが500倍もあれば十分です。

普段は低レバレッジでトレードをしておき、利益を確実に得ることができる場面でハイレバレッジを利用することで、資金効率を高めることができます。

 

ロスカットになりにくい

Anzo Capital Limitedのロスカットレベルは証拠金維持率は20%以下。証拠金維持率20%という数値は、他の海外FX会社と比較しても低く、ロスカットになりにくいです。

例えば1万円を証拠金に500倍レバレッジをかけてドル円のトレードをした場合、ドル円=100円とすると、5万通貨のトレードが可能です。ロスカットレベルが証拠金維持率50%のFX会社であれば10pipsの含み損が発生すれば強制ロスカットになってしまいますが、ロスカットレベルが20%であれば、15pips程度の含み損であれば強制ロスカットにはなりません。

Anzo Capital Limitedはハイレバレッジでトレードをしても、ロスカットレベルが低いためロスカットになりにくく、ハイレバレッジを活かして利益をあげやすいです。

少額から始めることができる

Anzo Capital Limitedは1万円から始めることが可能です。そして1万円からはじめても、500倍のレバレッジを利用すれば、5万通貨のトレードが可能なため、はじめての海外FX会社としてもおすすめします。

MT4対応でスマホなどでも便利にトレード可能

Anzo Capital Limitedではロシアのメタクオーツ社のプラットフォームMT4が利用可能です。

MT4は多くの海外FX会社で採用されているトレーダープラットフォームであるため、これまで他の海外FX会社を利用していたという方でもEAやインジケーターをこれまで通り利用することが可能で、複数の海外FX会社を併用する場合も便利です。また今後Anzo Capital Limitedから他のFX会社に乗り換えるという場合でも、多くの場合そのままEAやインジケーターが利用できます。

無料でVPSの利用が可能(条件あり)

Anzo Capital Limitedでは条件を満たすことで、無料でVPS(仮想サーバー)を利用可能です。EAを利用している方であれば、VPSを利用し仮想のPC上でEAを起動させておくことで、自宅のPCを起動させておく必要が無くなります。

またMT4はスマホでも利用できるものの、PC版とは仕様が異なり見づらいと感じる人がいますが、VPSでMT4を起動し、VPSにスマホでアクセスすることで、PC版のMT4をスマホで利用することが可能です。

無料VPSの利用条件は以下の2点です。

  • 口座残高が毎月平均して5,000ドル以上
  • 1ヶ月で5lot以上取引している

なおこれらの条件を満たしていない場合には、Anzo Capital Limitedが提供しているVPSを有料で使用することが可能ですが、月35ドル程度と高いため、有料で利用するのはおすすめしません。無料で利用できないのであれば、VPS会社のVPSを利用しましょう。

50ドル分のキャッシュバックボーナスがもらえる

2019年6月現在、Anzo Capital Limitedで口座を初めて開設し、2万円以上(RAW口座は5万円以上)入金したうえで、LINEでAnzo Capital Limitedを友達追加すると、50ドル分のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

なおこのキャッシュバックはトレードに利用できるだけでなく、出金することも可能ですが、条件があるため注意しましょう。

 

50ドルキャッシュバックの出金条件

  • 5lot(50万通貨)のトレードをする
  • 合計25回の往復トレードをする

これらの条件を30日以内に満たすことで初めて、ボーナスを出金することができます。初心者のトレーダーにとっては容易ではないため、キャッシュバックはあくまでトレードに利用するものだと考えておきましょう。

 

期間限定の20%入金ボーナスキャンペーンがある

現在は行なっていませんが、Anzo Capital Limitedは2018年11月5日~2018年12月30日に入金ボーナスキャンペーンを行なっていました。

このキャンペーンは新規顧客だけでなく、既存顧客も対象にしたキャンペーンで、5万円以上入金すると、入金額の20%(最大20万円)受け取ることができるというものです。今度もボーナスをもらえる可能性があります。

ゼロカットシステムで追証なし

ハイレバレッジを提供している海外FX会社では、当然のようにあるシステムですが、Anzo Capital Limitedにはゼロカットシステムがあります。

トレードで損失が確定し口座残高がマイナスになった場合も、追証は発生しません。Anzo Capital Limitedが補填してくれます。

しばしば海外FX会社のハイレバレッジ取引はリスクが大きいと指摘する声があります。しかし国内FX会社では追証があるため、ファンダメンタルズ的な要因で大きな損失が発生する場合に、損失が元本以上に大きく膨れ上がる可能性がある一方で、Anzo Capital Limitedは元本以上の損失が発生することがないため、安心して利用できます。

ベリーズ金融ライセンスを取得している

ベリーズ金融ライセンスとは、中央アメリカ北東部、ユカタン半島の付け根に位置するベリーズ共和国のIFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)の認可を元に発行される金融ライセンスです。

日本の金融庁のライセンスではありませんが、外国の金融機関の認可を受けており、一定の信頼がおけます。

 

当然日本の金融庁のライセンスが一番信頼できますが、金融庁の圧力のため、海外FX業者の日本人向け法人が日本の金融庁のライセンスを取得するのは現実的ではありません。

 

そのため多くの海外FX会社は比較的認可を受けやすいマイナー国で認可を受けています。日本で一番利用者の多いXMも、日本ではライセンスを取得しておらず、ライセンスを取得しているのは、東アフリカ沖インド洋のに存在するセーシェルというマイナー国です。

顧客資金は完全信託保全されるため会社が破綻しても安心

海外FX会社には、破綻してしまうリスクがあります。仮にFX会社が利用者の資金を信託保全しておらず、会社の資金と一緒に管理していた場合、FX会社が破綻すると、利用者の資金も失われてしまうことが少なくありません。

一方で信託保全していた場合、利用者の資金はFX会社の資金とは別に信託先で管理されているため、FX会社が倒産しても、利用者の資金は守られます。

 

Anzo Capital Limitedは利用者の入金額分はもちろん、利益額分も信託保全する完全信託保全を行なっています。そのため利用者の資金は入金額分も利益額分も安全です。

ただAnzo Capital Limitedは信託先を明らかにしていません。多くのFX会社などでは上画像のライブスター証券のように、信託先を明記します。しかしAnzo Capital Limitedは信託先を明かしていないのは、少し気になる点です。

 

2019/08/16 追記します。Anzo Capital Limitedでの信託保全先を問い合わせたところ信託先はNoor Bankという銀行の信託口座を利用してとのことです。この用法でよりAnzoCapitalの信頼度と評判は上がったと思います。

 

NDD方式のためDD方式よりも信頼性が高い

FX会社の注文方式にはNDD(No Dealing Desk)方式とDD(Dealing Desk)方式があります。NDD方式はトレーダーの注文をそのまま大手金融機関やヘッジファンドなどのリクイディティプロバイダーに流す仕組みです。NDD方式を採用している会社の場合、スプレッドや取引数量が利益の源泉となります。

一方でDD方式はトレーダーの注文を受けて、FX会社のディーラーが反対決済で処理をします。言い換えると、例えばトレーダーがドルを日本円で買い注文した時に、FX会社はトレーダーに売り注文したことになるわけです。そしてDD方式ではトレーダーの利益とFX会社の利益が相反します。

例えばトレーダーがドル円111円の時に買い注文し、112円になったタイミングで利確したとすると、FX会社は111円でドルを売った後に、今度は112円で買い戻すことになります。そのためトレーダーに利益が発生すると、FX会社は損をするというわけです。

DD方式はトレーダーの損失分が利益になるため、スプレッドや取引手数料が安い傾向がありますが、約定拒否(不利約定)やストップ狩り、レートずらしでトレーダーを負けさせようとすることがあります。しかしNDD方式では、トレーダーが負けてもFX会社にはメリットがないため、公平なトレードが可能です。

NDD方式やDD方式という言葉が聞きなれないかたは「NDD方式とDD方式のメリット・デメリットをFX歴8年の僕が解説」で詳しく解説しているので読んでみてください。

 

無料で情報コンテンツを公開している

Anzo Capital Limitedでは以下の4つの情報コンテンツを無料で提供しています。

  • デイリーリポート
  • 経済指標カレンダー
  • FXビギナーズガイド
  • FX学習

特にデイリーレポートは下画像のように、ためになるものも多いです。

これらの情報コンテンツを利用して、トレードを進めていくことができます。

日本語サポートが充実

日本語サイトが用意されているFX会社でも、サポートは日本語では受けられないFX会社もありますが、そのようなFX会社だと、万が一の際に心配です。しかしAnzo Capital Limitedは以下の4つの連絡手段で、日本語によるサポートを受けることができます。

  • 電話
  • ライブチャット
  • メール
  • LINE

そのため万が一でも安心です。またサポートの対応時間も長く、7:30-20:00時であればサポートを受けることが可能です。サポート人数やチャットが繋がりやすい時間を質問したところ下記の回答が届いています。

ライブチャットは日本時間の何時くらいがつながりやすいか?
回答)ライブチャットは日本時間の7:30~20:00ですが、12:00-18:00であれば必ずつながると思います。
オーストラリアのメルボルンとマレーシアのクアラルンプールにカスタマーサポートチームの両方が出勤しているのがこの時間となる為です。
サポートは何人体制でしょうか?
回答)日本語サポートは3人体制です。メルボルンに2人、クアラルンプールに1人となります。

海外FX会社Anzo Capital Limitedの短所

Anzo Capital Limitedには多くの長所がありましたが、短所もあります。そしてこの2つの短所は重要な点なため、参考にしてください。

実績が乏しいため信頼性に欠ける

Anzo Capital Limitedは2016年からサービスが開始したFX会社で、日本に入ってきたのは2018年6月。まだまだ日本はもちろん、世界でもサービスの運用実績は短いFX会社です。また日本人利用者の口コミはほとんど存在せず、海外でもいくつか口コミがあるのみでした。(後述)

Anzo Capital Limitedはベリーズ共和国の金融ライセンスを得ており、利用者の資金は完全信託保全で管理されているといいます。そのため公式情報をもとに考えれば、Anzo Capital Limitedは安全なFX会社です。

しかし完全信託保全の信託先が明かされておらず、ベリーズ共和国の金融ライセンスの取得条件も明らかではなく、取得条件が緩い可能性があります。そのため信頼しきるには至りません。

bitwalletがなければ円建ての入金ができない

Anzo Capital Limitedは国内銀行送金による入金を受け付けていません。そしてクレジットカードによる入金の場合にはドルやユーロなどの外貨による入金となってしまいます。

そのため円建てで入金する場合には、bitwalletというオンラインウォレットサービスを使う必要があります。ただbitwalletは他の海外FX会社の入金にも利用可能で、手数料が安く非常に便利です。Anzo Capital Limitedの口座開設に加えて、bitwalletの口座も開設する必要がありますが、十分に口座を開設する価値があります。

【修正2019/08/05】情報を修正します。申し訳ありません。

現在anzo capitalではBitWallet、国内銀行送金、StickPayでの円建て入金が可能となっています。全て1万円からの入金、Anzo Capital側での手数料は無料となっております。(サービスプロバイダー側でチャージされる費用は負担となります。)

 

海外FX会社Anzo Capital Limitedの海外の評判

Anzo Capital Limitedは運用実績が短いため、利用者の口コミは非常に少ないものの、いくつか評判について書かれていたものが確認できたため、を紹介していきます。

なお口コミは海外のものであり、数が少ないため参考程度にしてください。

FX-List上の実際の評判

まずは海外のFX情報サイトFX-List上で確認できた口コミです。

最近のキャッシュバックキャンペーンを利用したところ、しっかりキャッシュバックを受け取ることができました。

カスタマーサービスが充実しています。入出金にかかる時間も短く、このFX会社を使ってよかったです。友人にも勧めます。

 

Anzo Capital Limitedには満足しています。特に出金にかかる時間が短いのが良いです。大抵の場合、出金申請してから1日以内に受け取ることができます。昨日1,000ドル出勤しましたが、3時間しかかかりませんでした。

もう一点、カスタマーサービスもよく、24時間カスタマーサービスを受けることが可能です、すぐに対応してくれます。Anzo Capital Limitedを試してみてください。

 

正直なところAnzo Capital Limitedを最初は疑っていましが、試して見ることにしました。口座開設をしてみると、トレード環境は整っており、Netellerを利用して入金するとMT4のアカウントに即時反映され、出金申請すると30分以内に出金できます。

 

以上の3つの口コミが確認できました。カスタマーサービスと入出金の手続きの早さを褒めるものです。

 

FOREX BONUS TRADING.COM上の実際の評判

続いてFOREX BONUS TRADING.COM上の口コミです。

出金しようとしましたが、できませんでした。利用に際して様々なトラブルがありました。

 

信頼できないFX会社です。Anzo Capital Limitedの最新の50ドルのキャッシュバックキャンペーンを利用しましたが、キャッシュバックを受け取ることはできませんでした。

以上の2つの口コミが確認できました。

 

FX-Listの口コミはどれもAnzo Capital Limitedをおすすめするものだった一方で、FOREX BONUS TRADING.COMの口コミはどれも悪いです。

2つのサイトのレビューが全く異なるため、良い口コミもしくは悪い口コミはサクラの可能性があります。繰り返しになりますが、口コミは参考程度にしましょう。

 

まとめ

Anzo Capital Limitedは日本市場に入ってきたのが、2018年で運用実績が短く、完全に信頼を置くことはできませんが、スプレッドの狭さや約定力の高さなどの魅力が多いです。

スキャルピングがメインの方など、スプレッドと約定力を重視する方は検討してみてください。