このサイトからFX口座開設することで僕の取引手法をまとめたレポートをプレゼントします。


ポテサラの取引履歴が気になる方はクリックしてね
初心者向け記事

FXの初心者が借金の失敗をしないたった二つの方法はコレ

 

オオカミ君
オオカミ君
FXを始めたばかりだけどFXで稼いでいきたいんだよねー。でもFXで失敗して借金とか話に聞くんだけど初心者の自分はそうならないようにしたいな。

こんにちは、ポテサラです。(@nan201305
この借金への悩みに答えていきます。

 

FX初心者が借金地獄に苦しんでしまうページなどが見たい方は、少し違う内容になりますので他のページを読んでいただければ嬉しいです。

 ✅本記事の内容

  • FXは借金を負うことは基本的にはありません
  • 借金は損切価格(LP)入れておけば、心配ない
  • 情報源があれば世界的な金融ショックでも前もって知ることができる

 

 

 

この記事を書いている私はFX経験8年ほどで借金はもちろんないです。

TwitterでFXの友達は多いですが、その方たちも借金はしていません。この経験を踏まえてFXの初心者でも借金の心配をする必要はないんだよ。というのを解説します。

 

FXの初心者とか関係なく借金を負うというのは基本的にはないです

FXで借金をするという事がほとんどない理由は、「強制ロスカット」というシステムがあるためです。

強制ロスカットというのは、入金していた金額が取引で何パーセントまで減ったら強制的に取引を閉じちゃいますよ。という機能で自分の意志ではなく強制なので無理やり損失を拡大して借金を背負うというのは不可能ですね。

 

そして国内FXの場合はレバレッジが25倍と低いので、経済指標などの急な値動きでも余裕で資金が残る仕組みになっています。

 

上記のことからFXで借金を負うことはかなり無理のある取引をしないと起こりません。Twitterで見ていても初心者とか関係なく借金を負ったという方に出会ったことがありません。

 

それでもニュースやネットをみるとFXで借金をしたというのは見かけると思います。

初心者の方はこの情報をみてFXは借金を負う可能性があると考えてしまうんですけど借金を負う人は、そもそも普通のトレーダーとは別の無理な取引をしているので紹介します。

 

FXで初心者が借金を作る無理な取引パターンはこの2つ

FXで借金を作るパターン

  1. FXで勝つことばかりを意識したり塩漬けをして全く損切をしない
  2. スイスフランショックなどの世界的経済事件に巻き込まれる

 

だいたいはこのパターンになると思います。FXは一気に稼げるようになるのではなく、小さな努力の積み重ね、地道な利益の積み重ね。そういったことで少しづつ利益が出てきます。

 

もし一気に稼ぎたいなら仮想通貨の方が良いかもしれません。この記事を書いているのは2019年2月8日でリップルが30円台前半です。また仮想通貨バブルが来るかもしれないので、それにかけても良いかもですね。

でも確実なのはFXでスキルを磨くことです。仮想通貨は完全に世の中の流れを無視して動いています。

 

FXとなるとチャート上に情報がありそれを読むスキルを磨くことで利益が生まれてくるので、こっちのスキルを磨いた方が良いです。それでは初心者とか関係なくFXで借金を作ってしまう流れについて、さらに深掘りをしていきます。

 

勝つことばかり意識して全く損切をしない

「FXで勝つことばかりを意識して全く損切をしない。」このパターンが借金を作り出す原因として多いと思います。

せっかく検証して見つけた手法だし検証の時はほとんど負けなし、思った方向と多少逆にいっても戻ってくるだろう。1発逆転を狙った取引なので絶対に+で終わりたい。のような思いでその取引を存続したいあまりに借金をしてきて入金してしまうパターンです。

 

テレビなどでもパチンコで借金をしてしまった。というのがありますがコレと同じですね。パチンコも自身のお金でやっているのであれば借金をすることは100%ありません。

 

しかし前回の負けを取り返そうとして、どこかからお金を借りてくるから借金してしまうんですね。FXやパチンコが悪いんではなく、自分で借金している人がそもそもどうなの?ということです。

プロトレーダーのツイートから分かる損切の重要性

自分の場合は借金とか追加入金はしなかったんですが、それでもFXをやりたいって気持ちめちゃくちゃ分かります。だってFXで勝ちたいですし損切したくないですからね。でもそこは損切しないといけないんです。

 

FXでよく使われる格言で「FXは10回中9回勝っても、たった1度の負けで退場させられてしまうことだってある。」というものがあります。

 

読んでそのままの意味ですが、「取引で利益を積み重ねても、損切が出来ない人はトレーダー失格ですよ。」ということです。損切出来ないくらいなら、まだ良いのかもしれませんが取引を継続させるために(強制ロスカットを回避するために)資金を入金するのはヤバいですね。

 

プロのトレーダーだって負けるときは負けますし、相場に絶対はないので取引を継続するよりも、その取引は自分の相場の読み間違いで取引してしまったんだ。ということを認め損切は必ずしましょう。

 

この方は自分もフォローしているFXの専業トレーダーですね。この方も凄い方で損切の重要性を語っているので参考までにツイートを紹介しておきます。

 

 

損切を確実に行う方法

損切を確実に行うためには、初心者のうちは自分の取引を見ながら決済するというのをまずは辞めることです。

注文を入れる前から価格がいくらになったら損切をしようと決めても初心者はどうしても気持ちが入ってしまい出来ないものなので、今回は自動で損切の価格が入力されるツールの紹介をします。

 

国内FXの多くはFXのチャート機能自体が各FX会社で違うので紹介は出来ないのですが、一部の国内FXや海外FXで主流のMT4で使えるツールの紹介になります。https://fxcashback.info/one-click-order/

 

上記のツールはMT4で注文を入れた瞬間に任意のpips差で損切価格と利益確定価格が入ります。このツールがあれば間違いなく損切が出来なくて借金という心配はなくなりそうです。

 

FXで世界的経済事件に巻き込まれないで借金を回避する方法

FX初心者が借金を負ってしまう原因の2つ目は世界的経済事件に巻き込まれるという理由があります。

 

2015年1月15日の日本時間夕方くらいに、突然引き起こされたいわゆる「スイスフランショック」です。

めちゃくちゃ簡単に説明をすると、スイス国立銀行(中央銀行)が15日、に自分の国の通貨(スイスフラン)の上昇を抑えるために1ユーロ=1.20スイスフランの上限を設定していたのですが、この上限設定を辞めたことが原因です。

 

他のサイトでは突然起きたと紹介しているサイトが多いですが、このような決定を国家が突然するというのはありえません。日本でも税金の事や支援金など急に決めるわけはなく国会で前待って話あってから決めますよね?

 

実際に私の周りでは15日は絶対に取引しない方が良い、ユーロは今日めちゃくちゃ大切な決定があるからヤバイぞ。という情報は出回っていました。

それなのでこういった情報を掴んでおくことが大切です。FXの情報の掴み方はTwitterとネットの経済指標で充分だと思っています。

初心者がFXで借金を作らない方法のまとめ

ここまで読んで損切を確実に行う。SNSやFXサイトから情報を集める重要性が分かったと思います。

 

もちろんFXや投資自体は余裕資金でやるということが最大の借金への防衛策と言えると思います。

しかしこれまでの説明を読んでいてもそれでも心配だ。という方は国内FXで取引をするのではなくて、海外FXで取引をすればいいと思います。

 

何故ならFX会社が借金の返済を求める行為を追証といいますが、海外のFX会社が日本にいるトレーダーに追証を求める行為はそもそも出来ないからです。そのあたりはまた別の記事で解説していこうと思います。