XM(エックスエム)

XMのデモ口座に関して知っておくべきポイントと開設方法を紹介

こんにちは、このサイトを運営しているSHUNです。

オオカミ君
オオカミ君
XMはデモトレードが便利だって聞くけど、どうなんだろう?

 

そう疑問に思っている方に向けて、XMのデモ口座を開設する前に知っておくべき6つのポイントと、開設方法、デモ口座・トレードに関してよくある質問とその回答を紹介します。

 

XMデモ口座は文字通り「デモトレードをするための口座」です。

XMはMT4というチャートソフトを使っているので、MT4の操作を覚えるためにデモ口座を作成し取引をするのはおすすめです。

 

しかし実際のお金を使った取引をするリアル口座と若干仕様が異なります。異なる項目はスプレッドがズレている事があるのと、約定力も違います。

 

また、デモ口座だと取引をする時のお金に現実味がなく、デモ取引で勝てていてもリアル口座で勝てなくなってしまうという事もあり得ますので、本気でFXをしたいならリアル口座で取引することをおすすめします。

 

XMの口座開設はこちらから

 

 

Contents

XMデモ口座で練習すればハイレバレッジ取引も安心だけど効果は薄い

初めての海外FX会社としてXMを選ぶ方は多いですよね。XMは世界でも人気のFX会社になり国内FXのDmmFXよりも口座開設数は多いので当然かと思います。

しかし海外FXが初めての方は、ハイレバレッジの利用経験がないという方がほとんどないんじゃないかな?と思っています。

 

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析の方法はハイレバレッジでも、低レバレッジでも方法は同じですが、レバレッジが違うので資金管理の方法が変わってくるのは当然ですよね?

低レバレッジの時の感覚で利確幅や損切りラインの設定しておくと痛い目にあう可能性もあります。もしレバレッジについてよく分からないという方は「XM888倍レバレッジ!知っておくべきポイント・威力・変更方法を解説 」に詳しく書いておきました

 

しかしデモ口座での取引であればハイレバレッジの取引がノーリスクで練習することが。可能です

 

ハイレバレッジを繰り返して利益を積み重ねるのってトレーダーとして憧れますよね!?

かっこいいですよね!?

以前は苦労して少額で始めたFX。最初は負けていましたがXMのレバレッジを生かして億トレーダーになりました。とか絵に書いたような専業トレーダーです。

 

多くの方がそのようなトレーダーを目指しています。しかしFXの世界は厳しく夢をみているトレーダーの多くが退場させられてしまっています。

 

そんな厳しいFXの世界をデモ口座で練習出来るのであればまずはデモ口座で練習した方が良いに決まっていますよね。

下記にXMのデモ口座開設のリンクを張っておきましたので是非デモ口座で練習してみてください。→デモ口座を開設する

デモ口座で勝ててもリアルトレードで負ける人は多い

先ほどデモ口座で練習できるならデモ口座で練習した方がいいよ。私は言いました。しかし実はデモ口座での練習はMT4を使う練習にはなるけれど実際に取引が上手くなりたい人にとってはあまり意味がないんじゃないかな?とも思っています。

 

理由はデモ口座で練習している時は、勝つことができていたのにも関わらず、リアルトレードになった途端負けてしまう人は多いという事実があるからです。

 

実際に私もデモ口座は仮のお金なので取引に身が入らずリアル口座の取引内容とは違う取引内容になってしまったりもします。

デモ口座でもリアル口座でも同じ取引内容にしろよ!

という意見が聞こえてきそうですが実際にお金がかかっているのと、デモ口座の仮のお金ではまったく取引する際のメンタルのコントロールが違うんです。

 

XMは最大レバレッジ888倍という飛んでもないレバレッジを掛けることが可能だからというわけではありません。

お金を稼ぎたくてFXをやっているからこそ、リアル口座で実際にお金をかけた取引と、デモ口座で仮のお金をかけた取引内容が変わってしまうんです。

トレードでは心理状態がもろに戦績に影響を与えます。少額でトレードしており、「最悪負けてしまっても良い」という余裕のある心理状態でトレードした場合の方が、合理的に良いトレードができるという方は多いです。

 

だからこれを読んでいる人も少額で良いのでリアル口座での取引をおすすめします。ちなみにリアル口座で口座開設をすると3000円のボーナスがもらえます。

 

XMのデモ口座とリアル口座はレートが違います。

デモ口座で練習するよりもリアル口座で練習した方が良い理由は、他にもあります。それはそもそもチャート上に表示されている通貨ペアのレートが異なるのです。

上記のようなツイートの通りです。

 

私もXMのMT4チャートを開いて確認してみました。確認したのは2019年9月22日の土曜日なので相場が休みなので値動きが止まっている状態です。値動きが止まっている時の方が確認しやすいですね。

 

 

 

それではまずはデモ口座レートを確認してみます。この時ドル円のレートは107.553円です。

XMデモ口座のレート画像

続いてリアル口座のドル円チャート画像です。107.553円を表示しています。

XMリアル口座のレート

上記のような感じでしてデモ口座とリアル口座で配信しているレートが違うんです。デモ口座でFXを始めてもFXはリアル口座で取引しないと利益は生まれないので、

違うレートで配信しているデモ口座で練習するよりもリアル口座の本物のレートで取引したり相場分析をした方が良いに決まっていますよね?

 

ということなので、まだXMのリアル口座を開設していない方は下記より口座開設をすることをおすすめします。

 

\クリック/

XMで口座開設をする(約1分で完了)

 

XMのデモ口座を利用する前に知っておくべきポイント

デモ口座を作成して利用する前に知っておくべきポイントを6つ紹介します。

デモ口座なら無料でトレードできる

デモ口座は口座開設費も維持費もかかりません。本格的にXMの利用を始める前に、XMの使い心地を確かめることができます。

デモ口座はいくつでも作成できる

XMのデモ口座は、1つのメールアドレスで5つまでしか作成できません。

しかしGmailなどのメールアドレスが利用可能できるので、メールアドレスの数×5口座までデモ口座を作成できます。またGmailはいくつでもメールアドレスを取得できるので、いくつでもデモ口座を作成可能です。

 

デモ口座はリセット・追加入金・レバレッジの変更は不可能

1度作成したデモ口座をリセットしたり、追加入金・レバレッジの変更をすることはできません。いくつでもデモ口座は作成することができるので、現在のデモ口座とは異なった条件でトレードしたい場合には、新しくデモ口座を作成しましょう。

 

 

デモ口座の約定力・レートは参考程度にする

デモトレードとリアルトレードではサーバーが異なる

デモ口座でのトレードに利用するサーバーとリアルトレードに利用するサーバーは別物です。

リアルトレードに利用するサーバーの方が多くのトレーダーに利用されており、負担がかかっています。そのためリアル口座は、デモ口座よりも約定力が低く、レートにも生じることが多いです。

 

デモトレードでは実際に注文を出しているわけではない

FXのトレードで起こるスリッページや約定拒否などは、多くのトレーダーが一斉に注文することが原因ですが、デモ口座でのトレードは、インターバンク市場に実際に注文を流しているわけではありません。そのためスリッページや約定拒否が起こる確率は低いです。

 

しかしリアルトレードでは、ファンダメンタルズの発表時など多くのトレーダーが注文をすると、スリッページや約定拒否などが起こります。約定が早く、スプレッドが小さいデモトレードとリアルトレードを一緒にすると危険です。

スタンダード口座・ZERO口座のみデモトレード可能

スタンダード口座とZERO口座ではデモトレード可能ですが、マイクロ口座ではデモトレードはできません。ただし、通貨の最小取引量以外の違いはあまりないので、マイクロ口座を利用予定の方でも、スタンダード口座でデモトレードできます。

 

XMデモ口座開設方法

XMの公式サイトのトップページに入ります。

XMデモ口座の開設方法

「デモ口座開設」をクリックしましょう。

クリックすると「個人情報」「取引口座詳細」「口座パスワード」を入力する画面に移ります。

XMデモ口座の開設方法

まずは個人情報です。

  • 下のお名前:英語のアルファベットのみ使用します。
  • 姓:英語のアルファベットのみ使用します。
  • 居住国
  • 都道府県・市
  • 電話:+81の後に電話番号の最初の0を取って入力します。
    (例:電話番号が08011921192なら+818011921192と入力)
  • Eメール
  • 希望言語

を入力していきます。なおデモ口座を利用するうえで本人確認などはしないので、これらの個人情報は適当でもかまいません。

XMデモ口座の開設方法

次に取引口座詳細を入力していきます。

  • 取引プラットフォーム:MT4とMT5から選びます。MT4が初心者向けです。
  • 口座タイプ:スタンダード口座とZERO口座から選びます。スタンダード口座は文字通りスタンダードな口座で、ZERO口座はスキャルピング用にスプレッドが小さいです。しかしその代りに最大レバレッジが500倍になります。
  • 口座の基本通貨:通常JPYで良いでしょう。
  • レバレッジ:リアル口座と異なり、後からレバレッジを変更することはできないので、888倍にしておきましょう。
  • 投資額:適当でかまいませんが、$25,000以上を選ぶと、最大レバレッジが200倍まで制限されるので、安い投資額を申告しておきます。
XMデモ口座の開設方法

口座パスワードを入力します。小文字・大文字・数字の3種類の文字を含めれば問題ありません。ログイン時に必要なので忘れないようにしましょう。

ニュースレターや企業ニュース、最新情報を受け取ることに同意するチェックボックスにチェックして「デモ口座開設」をクリックしてください。

XMデモ口座の開設方法

このように「XMでのデモ口座開設、おめでとうございます。」と表示されたら、次はXMから届いているメールの確認です。

XMデモ口座の開設方法

「Eメールアドレスをご確認下さい。」というボタンをクリックしてください。

「XMでのデモ口座開設、おめでとうございます。」と表示されれば、デモ口座開設完了です。

XMデモ口座の開設方法

あとは取引プラットフォームMT4もしくはMT5をダウンロードしてデモトレードを始めましょう。

XMデモ口座に関するよくある質問と回答

XMのデモ口座を利用するにあたって、よくある質問とその回答を紹介します。

XMデモ口座でMT4/MT5にログインできないのはなぜ?

回線トラブルやPC上の問題がないとすると、主に次の3つの原因が考えられます。

  • ログイン情報が間違っている
  • 間違った取引プラットフォームを選択している
  • 前回のデモトレードから90日以上経ち、休眠口座となっている

 

XMのMT4に関しては「XMのMT4とは?メリットとダウンロード方法を解説」に詳細に書いています。

ログイン情報が間違っている

ログインにはMT4(MT5)のID・サーバー番号・口座パスワードの3つが必要です。いずれかのログイン情報が間違っている可能性があります。

間違った取引プラットフォームを選択している

デモ口座開設時には、利用する取引プラットフォームを「MT4」もしくは「MT5」から選択します。選択した取引プラットフォームと、利用しようとしている取引プラットフォームが合っていない場合(デモ口座開設時にはMT4を選択したのに、MT5をダウンロードして利用しようとしているような場合)には、ログイン出来ません。

取引プラットフォームが合っているか確認しましょう。デモ口座開設時にMT4とMT5のどちらを選択したか分からなければ、デモ口座開設時に送られてくるメールに記載されているので、確認してください。なおデフォルトでは「MT5」が選択されるので、取引プラットフォームを選んだ覚えのない方は、MT5となっていることが多いです。

取引プラットフォームを間違えて作成した場合でも、後からの変更はできないので、新しくデモ口座を作成しましょう。

凍結口座になっている

90日以上トレードをしないとデモ口座は凍結してしまいます。リアル口座は凍結しても復活しますが、デモ口座は復活しません。新しくデモ口座を作成する必要があります。

XMデモ口座で注文・取引ができないのはなぜ?

XMデモ口座で注文・取引ができないのには、次の理由が考えられます。

  • 別の口座タイプの気配値・チャート表示している
  • 注文種別と入力した価格が正しくない
  • 指定されたポイント圏内の価格を入力している

別の口座タイプの気配値・チャートを表示している

注文するには、口座タイプにあった気配値・チャートを表示する必要があります。デモ口座をZERO口座で開設したなら、取引プラットフォーム上でZERO口座の気配値とチャートを表示した状態で、注文しなくてはならないということです。

そのため例えば、デモ口座としてZERO口座を選んだのに、スタンダード口座の気配値・チャートを表示していると「注文に失敗しました(トレードが無効設定)」と表示されます。

注文種別と入力した価格が正しくない

注文種別というのは下記のような、指値または逆指値注文の種類を指します。

  • Buy Limit(指値買い)
    価格が下落したときに、買いたい場合 (現在値より低い価格を入力)
  • Sell Limit(指値売り)
    価格が上昇したときに、売りたい場合 (現在値より高い価格を入力)
  • Buy Stop(逆指値買い)
    価格が上昇したときに、買いたい場合 (現在値より高い価格を入力)
  • Sell Stop(逆指値売り)
    価格が下落したときに、売りたい場合 (現在値より低い価格を入力)

例えば、Buy Limitで注文するなら、現在値より低い価格を入力する必要があります。誤って現在よりも高い価格を入力すると注文が失敗します。

指定されたポイント圏内の価格を入力している

指値/逆指値注文する場合、オーダーの発注画面で、「現在価格から〇〇ポイント圏内の注文は発注できません」と表示されます。

例えば「現在価格から50ポイント圏内の注文は発注できません」と表示された場合、現在価格から5pips以上離れた価格を入力しなくてはなりません。(10ポイント=1pips)ここで例えば現在価格から4pipsしか離れていない値を入力してしまうと、注文に失敗してしまいます。

XMデモ口座でトレードできる通貨ペアは?

XMのデモ口座ではリアル口座でトレードできる通貨ペアと全く同じ通貨ペアのトレードが可能です。

  • ユーロ/米ドル
  • 米ドル/円
  • 英ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • 米ドル/カナダドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • ユーロ/円
  • ユーロ/ポンドドル

日本で人気の通貨ペアは一通りトレード可能です。

MT4・MT5の表示時間のずれの理由は?

MT4・MT5の取引プラットフォームは、ニューヨーク市場が基準になっています。そのため日本時間とはズレが生じるものです。インディケーター(JPN_Time_SubZero)などの日本時間表示インジケーターを利用して、日本時間を表示してしまうのが簡単です。

ただしスマホアプリを利用する場合には、自分で計算する必要があります。

  • 3月中旬~11月上旬の夏時間(サマータイム期間中)
    日本時間=MT4表示時間+6時間
  • 11月上旬~3月中旬の冬時間(サマータイム期間外)
    日本時間=MT4表示時間+7時間

以上の式で簡単に求めることができるので、覚えておきましょう。

XMデモ口座に有効期限はあるの?

有効期限はないので、ずっと使い続けることができます。しかし90日間トレードしないと、デモ口座は凍結され、凍結されたデモ口座は復活しません。

XMデモ口座ではインジケーターやEAは利用できる?

EAやインジケーターは利用可能です。ただしEA側の問題で利用できないケースもあります。

ShunFXおすすめ海外FXブローカー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です