海外FX

iFOREXの評判は?知っておくべき7つのメリットと3つのデメリット

オオカミ君
オオカミ君
追証がなくレバレッジが高い海外FXが気になって口座開設を検討しているんだけどiforexって評判通り口座開設する価値あるのか?

 

上記のようなiFOREXの評判を確認してから口座開設をしたい。という方に向けてこのページを書いています。

先出し結論

iFOREXはNDD業者ではなくDD業者であるという個人的な判断になりますが、出金拒否やレート操作はなくDD業者のメリットを体感できる業者になります。

スプレッドは以前の評判やデータでは広かったですが2018年に口座が一新され狭くなり特にドル関連ではかなり優秀です。

 

Bitwallet対応でスムーズに入出金でき年利3%ボーナスもあるので口座開設をする価値はアリです。

MT4が使えなく独特のプラットフォームが慣れるのに苦労をする。というデメリットがありますが、それを上回るメリットあります。

公式サイト

 

iforexは評判通り良質なFX会社で口座開設する価値あり

僕がiFOREXで口座開設する価値がある。と断言できる理由は信頼が出来るからです。

iFOREXは日本国内のFX会社はもちろん海外FX会社の中でも運営歴が長く出金拒否の情報はありません。さらに取引を始めるに有利なボーナスが用意されていたり日本語でのサポートもあるのでお得に安心してFX取引が出来るからです。

 

iFOREXのメリット

  • 運営歴が長く信頼できる
  • レバレッジが400倍で資金量などによって倍率が変化されない
  • ロスカットレベル0%
  • 問い合わせすると日本人が対応してくれる
  • ドル関連のスプレッドが優秀
  • クレジットカードでもbitwalletでも入出金出来るので便利
  • 取引が有利になるボーナスが揃っている

 

iFOREXのデメリット

  • DD業者の可能性がある
  • 1日10回以上取引すると注文が通らなくなる可能性がある
  • MT4が使えない

ちなみにDD業者ならではのメリットとしてスプレッドが狭い事が言えるし、1日10回以上取引すると注文が通らなくなる可能性があるというのも、スキャルピングを何度も繰り返さなければ問題ないです。

なので実質的なデメリットはMT4が使えないことくらいかな?と僕は考えています。→公式サイトで詳細を確認する

 

iFOREXのメリット

iFOREXには6つのメリットと、1つのメリットとされることが多いものの、メリットとは断言できない点があります。

運営歴20年以上を誇る老舗ブローカーである

「ボーナスが非常に豊富・狭いスプレッド・最大レバレッジ500倍以上でゼロカットあり」というような、「見かけのうえ」では非常に優秀な海外FX会社は多いです。

しかし「見かけのうえ」では優秀は海外FX会社の中にはゼロカットを実行せず、理由をつけて追証を請求したり、入金拒否をしたりということは現実で起こっているようです。

 

そのため「そのFX会社が信頼できるかどうか」はFX会社選びで最も重要な点の一つですよね。

 

iFOREXは1996年に操業され、2019年も正常に運営を行なっています。ちなみに日本での運営も20年を超えてきました。(XMは2019年時点で運用歴は約9年で2倍以上の運営歴です)

 

そしてこれまで出金拒否やゼロカットの拒否などを行なったという話は一切ありません。信用できるFX会社だと判断できます。

最大レバレッジ400倍

iFOREXの最大レバレッジは400倍です。XMなどの800倍以上の最大レバレッジが利用可能な海外FX会社と比較すると、小さいと感じるかもしれません。しかしほとんどの場合、レバレッジが400倍もあれば十分です。

 

仮にiFOREXに10万円入金し、400倍のレバレッジでトレードを行えば、4ロットのトレードができます。4ロットのトレードで、10pipsの利益を確定することができれば、それだけで4万円の利益なのでレバレッジとして400倍は十分かな?と僕は考えています。

 

 

それと、通常レバレッジが大きければ大きいほどトレードが難しくなる傾向があるので、上級者を除いて400倍よりも大きなレバレッジを利用することはほとんどないし、やらない方が良いと思います。

ロスカットレベルが0%

 

iFOREXの最大のメリットが、ロスカットレベルが0%という事だと思っています。

ロスカットレベルとは証拠金維持率の水準のことです。ロスカットレベルを下回った場合に、自動的にロスカットが発生します。

 

例えばロスカットレベルが50%の場合、含み損により証拠金維持率が50%を下回れば、自動的にロスカットになり、ロスカットレベルが30%の場合、証拠金維持率が30%を下回れば自動的にロスカットになります。

 

ロスカットレベルが高い(数値が大きい)場合、余裕を持ってロスカットされるため、大きな損失を産みにくいという長所がありますが、その代わりレバレッジを利用したトレードなどの際に、容易にロスカットになってしまうという短所があります。

 

一方ロスカットレベルがiFOREXのように低ければ、証拠金が0になってしまうような損失が発生する可能性が、ロスカットレベルの高いFX会社よりも高いです。

 

しかしロスカットになりにくいという長所があります。この長所は海外FX会社において非常に重要なポイントだといえるしiFOREXは追証もないので至れり尽くせりだと思ってます。

 

他のFX会社の場合100倍以上のハイレバレッジをかけてトレードをする時は、少し含み損が発生するだけで、ロスカットが発生する危険があります。

 

ロスカットレベルが50%のFX会社とiFOREXでそれぞれ10万円の証拠金に、100倍のレバレッジでドル円をトレードした場合を考えてみると、

ロスカットレベルが50%のFX会社では、約50pipsの含み損でロスカットになってしまいます。

 

例えばドル円が上昇トレンドだとしても、一時的に数十pips程度下がることは珍しくありません。そんな時にロスカットレベルが高いFX会社を利用していればロスカットになる危険性があります。

 

一方でiFOREXであれば、100pipsまで耐えるため、一時的な値動きでロスカットにならず、しっかりと利益を得ることができます。

 

日本語サポートが充実している

日本語サポートが充実している海外FX会社は多く存在しますが、その中でも特にiFOREXは日本語サポート力はトップクラスです。

これまで20年間日本人の利用者へサポートを提供してきており、中には現在8年以上もサポート業務に携わっている方もいるようです。

 

そのためわからないことがあれば、丁寧に教えてもらうことができます。なお問い合わせをした場合、以下の営業時間内であれば、2時間程度で返答をもらうことができることがほとんどでした。

【日本語カスタマーサポート情報】

対応時間帯:平日14時〜20時
メール先:cs-jp@iforex.com
電話:+30-210-374-2583
FAX:+30-210-374-2598
チャット:iFOREX公式サイトにて

 

ドル関連の通貨ペアのスプレッドが非常に狭い

固定スプレッド制だった2018年以前のiFOREXのスプレッドは並で、広くも狭くもありませんでした。いまだに固定スプレッドのみと情報提供しているサイトもあります。

 

2018年に変動スプレッド制になって以降、iFOREXのドル円やユーロドルなどのドル関連のスプレッドはめちゃくちゃ狭いです。

例えばXMのドル円の平均スプレッドは1.8pipsですが、iFOREXの平均スプレッドは0.8pipsとなっています。

またユーロドルはXMが1.7pipsとなっている一方で、iFOREXは0.7pipsとなっており、非常に大きな違いです。

 

 

ただスキャルピングを行う場合には注意した方が良いですね。デメリットの項目で後から説明しますが、iFOREXはDD方式のFX会社である確率が非常に高いと思っています。DDだから悪いiforexの

DD方式の会社であるということは、顧客の利益は会社の損失になり、顧客の損失は会社の利益になります。そのため顧客が勝ち続ける状況はiFOREXにとって望ましくありません。そこで高速でスキャルピングを行い大きな利益を得ると、スプレッドが広がることが多いとiforexは言われています。

 

スキャルピングを主なトレードスタイルと考えているのであれば、XMやHotforex、TradeviewなどNDD方式の会社を選ぶのがおすすめです。

なおiFOREXのスプレッドに特化して書いたページを用意したので詳しく知りたい方は「iFOREXのスプレッドは狭い?実質コストを計算してみたよ」を読んでくださいね。

 

bitwalletで入出金が可能

多くの海外FX会社では、銀行送金やクレジットカードでのみ入出金を受け付けています。しかし出金の際には、銀行送金を選ばざるを得ず、無駄な手数料がかかってしまうことが多いです。しかしiFOREXならbitwalletで入出金のコストを抑えることができます。

 

bitwalletは電子ウォレットサービスですが、bitwallet口座への入金は国内銀行振込であれば無料で、出金手数料は824円です。

iFOREXの入金に関しては「iFOREXの入金方法3種類をまとめ紹介!おすすめはコレだよ」で書いています。

そしてbitwalletからiFOREXへの入金とiFOREXからbitwalletへの出金は無料のため、入金から出金まで1,000円程度でできます。XMの場合、数千円かかるため、お得です。

iFOREXの出金に関しては「iFOREXは出金拒否をする?出金トラブルに巻き込まれないために」で書いています。

ボーナスが豊富?

 

iFOREXでは以下の3つのボーナスを実施しています。

  • 100%ボーナス×40%入金ボーナス(初回入金限定)
  • 40%キャッシュバック(200万円まで)
  • 年間3%の利息キャッシュバック

そのためiFOREXはボーナスが豊富だとされることが多いです。しかしボーナスを受け取る条件が厳しいことに注意しましょう。

 

入金ボーナス(初回入金限定)は比較的簡単に受け取ることができます。しかし初回以降の40キャッシュバックを受け取るためには、1ドルあたり5万通貨のトレードをしなければならないんです。

 

例えば10万円を入金し、4万円満額のキャッシュバックを受け取るためには、2,000万通貨のトレードが必要になる計算です。

10%の1万円分のキャッシュバックを受け取るにも500万通貨分のトレードが必要になります。さらにキャッシュバックを受け取ることができるのは、入金から3ヶ月までです。

スキャルピングが可能であれば、トレードするロット数が増えるため、キャッシュバックをもらう難易度は下がりますが、iFOREXでは10〜数百以上のポジション売買を禁止しているのでボーナスを満額貰うには長い期間取引するべきだと思います。

 

iFOREXのデメリット

前述しましたがデメリットになりうる可能性があるのは下記3つですね。

  • DD業者の可能性がある
  • 数が多すぎるスキャルピングが出来ない
  • MT4が使えない

以上です。

ぶっちゃけ言うとDD業者だからスプレッドを狭くしてくれているし、スキャルピングは僕はしない。注文だけiFOREXにしてチャート分析はMT4使えば良いのでデメリットは皆無だと思っています。

IFOREXはDD業者の可能性が高い

ディーリングのイメージ

FX会社にはNDD(ノーディーリングデスク)方式の会社とDD(ディーリング)方式の会社があります。

NDD方式の会社は顧客の注文を、そのままインターバンクに通す方式で、DD方式は顧客の注文を受けて、会社がインターバンクに対して反対売買を行なって注文処理を行う方式です。

 

iFOREXはDD方式のFX会社かな?と僕は考えているのですが、DD方式ではトレーダーがドルを買えば、FX会社はドルを売ることになります。

そのためもしドルが上がった後で、トレーダーが利確のためにドルを売れば、FX会社は安くドルを売り、高くドルを買うことになるということです。

そのため顧客と会社の利益が相反していて、トレーダーの損失が会社の利益というわけです。

だからDD方式のFX会社は以下のような顧客に不利な取引を発生させることがあります。

  • ストップ狩り
  • 不利なスリッページ
  • 故意のレート変更
  • 故意のリクオート
  • 故意のシステムダウン

 

ただこれらの行為を行うと会社の評判が悪くなるというデメリットがFX会社にはあるため、iFOREXはこれらの行為をしていません。もしそのような情報があったら、このサイトで情報流しますね(^^♪

 

 

iFOREXがDD方式のFX会社だと判断をした理由

 

僕がiFOREXがDD方式のFX会社なのでは?と考えた理由は4つですね。

  1. 連続して利益を上げるとスプレッドが広がったから
  2. 1日に多く取引すると制限をくらうから
  3. iFOREXサイトないにNDD方式だという記載がないから
  4. メリットになりますがスプレッドが狭いから

 

連続して利益を上げるとスプレッドが広がったから

理由の1つ目は、iFOREXを利用していた時に連続で利益を上げているとスプレッドが広がることが確認出来たからです。

 

通常DD方式の会社は顧客の損失が利益になるため、スプレッドを大きくする必要がありません。そのためスプレッドが小さく設定されていますが、顧客が連続で利益を得ている状態では、FX会社はスプレッドで利益を得ようとするため、スプレッドが広くなります。

1日に多く取引すると制限をくらうから

 

2つ目の理由は、iFOREXは1日に10〜数百以上のポジション売買を禁止していることです。

NDD方式の会社であれば、利益の源泉はトレードのスプレッドのみのため、トレーダーがトレードをすればするだけ、会社にとっては良いことです。

そのため1日に10〜数百以上のポジション売買を禁止する必要はありません。iFOREXで禁止しているのは、DD方式のためディーラーの反対売買処理に大きな負担になり、さらに顧客が大きな利益を得て、iFOREXが損をする可能性があるからであると考えるられます。

iFOREXサイトないにNDD方式だという記載がないから

 

3つ目の理由は、iFOREXの公式サイトに、NDD方式だと記載がないためです。トレーダーは顧客と会社の利益が相反しており、不利約定などの危険性があるDD方式よりも、透明性の高いNDD方式を好みます。

そのためNDD方式のFX会社は公式サイトでNDD方式であることを宣伝することが多いです。iFOREXが公式サイトにNDD方式だと記載していないのは、DD方式だからでしょう。

メリットになりますがスプレッドが狭いから

 

最後の理由はスプレッドの狭さです。iFOREXはドルに関連する通貨ペアである、ドル円やユーロドルのスプレッドが平均0.8pips程度となっています。

国内のDD方式のFX会社と同程度のスプレッドです。ドル円は日本で、ユーロドルは世界で最も人気の通貨ペア。

スプレッドが唯一の利益の源泉となるNDD方式のFX会社が最も取引量が大きい通貨ペアのスプレッドをこれほどまでに小さく設定するとは考えにくいです。

スキャルピングができない

 

DD方式の疑いがあることに加えてデメリットになりうる事はスキャルピングが出来ないことです。

iFOREXはスキャルピングを禁止しているわけではありませんが、1日に10〜数百以上のポジション売買を禁止しています。

ハイレバレッジが最大の売りの1つである海外FX会社において、スキャルピングが禁止されているというのは取引スタイルによっては大きなデメリットかな?と考えています。

 

iFOREXは最大400倍のハイレバレッジと、0%のロスカットレベルを持っており、ハイレバレッジのスキャルピングで利益を上げやすい環境が整っています。それにもかかわらずスキャルピングが禁止というのは非常にもったいないです。

 

MT4を利用できない

海外FX会社はほとんどの場合、トレードプラットフォームとしてロシアのメタクオーツ社のMT4を採用しています。MT4は以下のような特徴を持つ、非常に優秀なトレードプラットフォームです。

  • 50種類以上のインジケーターが標準搭載されている
  • カスタムインジケーターを自由に追加できる
  • パラメーターの変更が容易かつ自由
  • 複数のFX会社の口座を使い分けることができる

iFOREXではMT4が利用出来ませんが、ぶっちゃけ言うと注文と決済だけiFOREXでおこなってチャート分析はMT4を使えばOKです。

 

◇iFOREXで100%ボーナス+3%の年利が付く特別プロモーションいまだけ開催中◇

iFOREXの口座開設はこちら