海外FX

is6comの評判を徹底解説!出金拒否は本当なの?

落とし穴のイメージ
オオカミ君
オオカミ君
is6comという海外FX会社を最近知ったんだけど実際の評判はどうなんだ?口座開設をしようと考えているんだけど出金拒否になったりしないかな?

 

こんにちは、このサイトを運営しているShunです。

is6comについては僕も2018年に知り情報を半年間ほど情報をあつめたり口座開設をして取引を行いました。

 

入金はせずに口座開設をした際に受け取れる5000円のボーナスを利用しての取引時はスプレッドも狭く滑らなかったので悪くないな。というような印象です。実際に自分のお金を入金して試してはいないので、実弾での取引はこれから試してみようかな?と考えています。

 

そこで今回はis6comについて僕が調べた情報や評判、豪華なボーナスキャンペーンなども紹介しつつメリット、デメリットを紹介します。

【is6comの評判先取り結論】

is6comはライセンス未取得で、DD方式の可能性が高く10ロット以上のトレードに制限があるなどのデメリットがあります。

 

しかしis6comは他のFX会社よりも豪華なボーナスキャンペーンを行っており、ボーナス目当てで口座開設ということで割り切る人なら口座開設しても良いとは思います。

入金せずとも口座開設するだけで5000円の証拠金をくれるFX会社はあまりないのでFXを体験してみるという点ではis6comを選ばないと損かもしれませんね。
→is6com公式サイト←

 

is6comの評判をネット上の口コミで探してみた。

is6comはまだ運営歴の短いFX会社なので海外FXレビューサイトForexPeaceArmy(FPA)でも探すことが出来ません。

ネットで検索するとis6comの評判として紹介しているサイトもありますがサイト運営者からの視点ばかりで実際に利用している人の声をしらべるのはなかなか難しいです。

そこで今回はTwitterの検索機能でis6comの評判を検索していこうと思います。

今、海外口座で使ってるのは、is6comとGemForexだけど、新たにFBSを使ってみようと思って、まずは無料で100ドルお試しトレードができるみたいなんで使ってますが、ただ円口座がないんだよなぁ

is6comってトコを
新規開設して¥10000-ボーナス
貰ったので
ゼロ円から始めてますよ


>is6口座の今日のいまんところの結果

利確12k円程度なんだけどねぇ~
噴火予定のドル円ロンゲで含み損7K円

よっしゃ!IS6出金手続き完了。

上記のようなポジティブな評判が実際にツイートされています。

口座開設をすると口座内に5000円分の証拠金が入るボーナスがあるため無料でFX取引が出来るということで評価は高いようですね。出金拒否の報告のツイートもなかったので今のところは安心して口座開設をしても良さそうです。

 

is6comの基本情報

 

is6comで口座開設をするとそれほどスプレッドが狭くないというデメリットはありますが、そのデメリットを上回る下記のようなメリットがあります。

  • 問い合わせをした時の日本語サポートが充実
  • 入金出金スピードが速い
  • ボーナスが充実している

自分は口座開設するだけでもらえる5000円のボーナスを利用しただけで実際のお金を入金して試してはいませんが、問い合わせはとても親切で好感が持てました。
口座開設はコチラからどうぞ

 

 

これからis6comの詳細なメリットやデメリットを紹介していくのですがまずは基本情報からお伝えしていきます。

is6comの3つの口座

is6comの口座説明

is6comには3つのタイプの口座が存在します。マイクロ口座・スタンダード口座・プロ口座です。いずれの口座も入金額が20,000円以下の場合、入金手数料が1,500円かかってしまうことに注意が必要です。

 

小額で試したい人向けのマイクロ口座

マイクロ口座は初心者向けの口座です。マイクロ口座では50通貨からトレードできるため、FX初心者で小ロットのトレードを行いたい方におすすめします。

ただ最低入金額はスタンダード口座と同様に5,000円からです。

 

他の海外FX会社の中には、マイクロ口座などの初心者向け口座では、5ドル程度から入金可能としているFX会社が多いですが、is6comはそれほど最低入金額が小さくありません。

 

またマイクロ口座はスプレッドがドル円で2pipsとかなり大きいです。トレードを続けていくうちに、トレードコストがかさみます。

is6comのマイクロ口座はそれほど魅力的ではないため初心者でも他の口座が良いです。

 

スプレッドが自慢のスタンダード口座

スタンダード口座は文字通り、is6comの3つの口座の中で最も普通の口座です。最大レバレッジ1000倍で1000通貨からトレードでき、ドル円であれば口座内に100円あればトレードできてしまいます。

 

最低入金額は5,000円ですが、5,000円入金すれば、1000通貨のトレードを50回程度行うことが可能です。

スプレッドがマイクロ口座よりも小さいため、初心者の方でも、マイクロ口座ではなくスタンダード口座でトレードを開始することをおすすめします。

 

スプレッドがさらに狭いがボーナス非対応のプロ口座

プロ口座は、その名の通り上級者やスキャルピングトレーダー向けの口座です。最大レバレッジが400倍と小さくなるものの、ドル円のスプレッドが0.8pipsで1,000通貨からトレードできます。

 

しかしボーナスキャンペーンが未対応で、is6comの規約上利用口座種類にかかわらず、10ロット以上のトレードの際には事前に連絡が必要などという、NDD方式のFX会社では珍しい制限があります。

 

上級者のトレーダーであれば、10ロットを超えることも多いため、ロット数の多いトレードを行う方であれば、他の海外FX会社を検討しても良いですね。

 

is6comの入出金方法

 

is6comでは2019年現在、クレジットカードとbitwallet、銀行振込の3つを入金方法として利用可能です。

bitwalletはオンラインウォレットサービスで、bitwallet上に口座を開設し、クレジットカードや銀行振込で入金しておくことで、通販での支払いやFX口座への入金ができます。

 

bitwallet口座への入金時に、銀行振込では1%、クレジットカードでは4%の手数料がかかりますが、is6comからの出金時に銀行振込を利用すると数千円のコストがかかる一方で、bitwalletであれば、824円で済むため非常にお得です。

bitwalletってそもそも何なの?という方にむけて「bitwalletとはどんなサービスなの?安全性も徹底的に調べてみた」で詳しく書いていますので参考にしてください。

 

MT4に対応

mt4のイメージ

is6comはメタクオーツ社のトレードプラットフォームであるMT4に対応しています。無料で利用できるインジケーターなどが多く、さらにEAも利用可能です。

さらに他の海外FX会社を現在利用している場合や、今後他の海外FX会社を利用する予定がある場合、その会社もMT4に対応していれば、簡単に口座の管理ができます。

 

またMT4はスマホアプリもあるため、場所を問わずいつでもどこでもトレードを行うことが可能です。

 

最大レバレッジ1000倍のゼロカットあり

is6comの最大レバレッジは1000倍です。海外FX会社は日本のFX会社と比較して最大レバレッジが大きいのが普通ですが、1000倍のレバレッジが利用できる会社は多くありません。

 

また1000倍のレバレッジを利用していると、大きな損失を抱える可能性がありますが、is6comの場合は追証が発生しないゼロカットシステムがあるため、万が一損失が発生してしまった場合でも、証拠金以上の損失が発生することはないため安心です。

 

ロスカット水準が50%

通常最大レバレッジが1000倍でゼロカットがあるというのはメリットになり得ます。しかし後述のメリットの項目にレバレッジとゼロカットを含めなかったのは、is6comのロスカット水準が50%と、かなり高めだからです。

 

ロスカット水準が高めということは、それだけ簡単にロスカットされてしまうということ。ロスカットには、本来損失の拡大を防ぐという役割があり、必ずしもロスカット水準が高いことが悪いこととは言えないかもしれません。

 

しかしロスカット水準50%ではハイレバレッジトレード時に、一時的な相場の逆行でも簡単にロスカットになってしまいます。

 

せっかくis6comは1000倍でゼロカットありで、ハイレバレッジトレードの環境が整って言えるにもかかわらず、ロスカット水準のために、ハイレバレッジトレードにはあまり使えなくなってしまっています。

 

is6comのメリット

ここからは僕が考えるis6comで口座開設をするメリットを紹介していきます。

 

僕が考えるis6comのメリット

  • ボーナスキャンペーンが豊富
  • 日本語サポートが充実
  • 入出金がはやい

 

ボーナスキャンペーンが豊富

is6comの大きな強みの1つがボーナスキャンペーンの豊富さです。

 

キャンペーンの内容は時期によって異なるため必ずしも常に豪華なキャンペーンが行われているとは限りませんが他のFX会社と比較すると充実なボーナス内容だといえます。

未入金でトレード可能!新規口座開設ボーナス

口座開設ボーナスのイメージ

 

is6comで口座開設を行い、本人確認証明書と住所確認書を提出することで、受け取ることができるボーナスです

 

このボーナスを受け取るためには、入金などを一切行う必要はありません。新規口座開設ボーナスを出金することはできませんが、トレードに利用することが可能です。

ほぼノーリスクで1万円分のトレードができるということを意味します。

取引量によって変わる!最大100%の取引ボーナス

最大100%ボーナス

is6comは期間限定で取引量に応じてもらうことが可能な入金ボーナスキャンペーンも行なっています。

 

取引量によって、入金時にもらえるボーナスの割合が異なり、現在の取引量と入金時ボーナスは以下の通りです。

  • 3〜30ロット:10%
  • 31〜100ロット:30%
  • 101〜300ロット;50%
  • 301ロット〜:100%

上限は取引量にかかわらず、100万円となっています。

例えば10万円を証拠金として入金し、10ロットのトレードを行えば、10万円の10%にあたる1万円がボーナスとして付与されます。

 

最低3ロットのトレードを行わなければ、入金ボーナスを受け取ることはできませんが、is6comには最大1000倍のレバレッジもあるため、約3,000円程度の証拠金でもボーナスを受け取ることができる仕組みです。

 

 

この他にも2019年の1月と2月には、新規口座開設ボーナスと初回入金ボーナス100%のキャンペーンが実施されていました。不定期ではありますが、is6comはボーナスキャンペーンの質は高いため、興味のある人はチェックするようにしておきましょう。

 

日本語サポートが充実している

is6comは日本人向けに作られたFX会社なのではないかと疑ってしまうほど日本語サポートが充実しています。

 

公式ホームページが日本語で書かれており、ストレスなく読むことができるのはもちろん、質問や困ったことがあれば、日本語でサポートを受けることが可能です。

 

ここだけであれば、他の日本で運営を行なっているFX会社の中では珍しくありませんが、is6comが優秀なのは、is6comは日本語サポートを24時間提供している点です。

 

日本語サポートに力を入れているFX会社でも、日本語サポートの提供時間は限られており、本当に困った時に、サポートの返答まで時間を要することもあります。

 

しかしis6comは早い時には3分程度で返答があることもあるほど、返答が早いです。困った時に迅速なサポートを受けることができるというのは、is6comの大きなメリットですね。

 

入出金スピードが早い

is6comの公式サイトには、例えばbitwalletによる入出金で3〜5営業日を要すると記載がありますが、実際に僕が出金した時は10分程度で着金しました。

 

XMなどの一部の非常に入出金スピードが早い会社と比較すれば劣りますが、他の通常の海外FX会社と比較すれば、is6comは非常に入出金スピードが早いのがわかります。

 

 

is6comのデメリット

ここまでis6comのメリットを紹介してきましたが、is6comにもデメリットがあります。ここからはデメリットを紹介していきます。

is6comはライセンス未取得

日本で営業を行なっている海外FX会社でも、ほとんどの場合日本の金融庁のライセンスを取得していることはありません。しかしいずれかの国のライセンスを取得しており、一定の信頼を置くことができます。

 

しかしis6comは世界中のどこの国のライセンスも取得していません。完全にライセンスを未所持で運営しているため、突然出金拒否にあって資産がなくなってしまうということもあり得ます。

次の画像はis6comの公式サイト上の、顧客資金に関する記述です。

is6comの資金管理

 

公式ホームページ上では、顧客の資金は各国の大手銀行に預けられているため、万が一の際にも口座に預けた資金がなくなることはないと記載されていますが、真相はわからないため警戒すべきです。

 

is6comを使うのであれば、万が一の場合を考え、失ってしまっても諦めることができるお金でトレードをしましょう。

 

NDD方式を騙っているがDD方式

is6comは公式サイト上で「is6comではディーリングデスクを介さないNDD方式を採用し、一切のリクオートなし、約定拒否なしの取引を提供します」というように、NDD方式であるとしています。

 

しかしis6comは実際にはDD方式の可能性が高いです。仮にNDD方式であれば信頼性が高いですが、わざわざ偽りの情報であるならば信頼性が劣ります。

 

DD方式だと思う理由1

DD方式だと考える理由の1つは、10ロット以上のトレードの際には、事前に連絡をしないといけないというシステムが存在することです。

 

通常NDD方式の会社であれば、大きなロットの注文でもリクイディティプロバイダーに注文を流すだけのため、大きなロットの注文に制限をかけることは考えられません。

 

NDD方式のFX会社の利益の源泉は、スプレッドのため、大きなロットのトレードはNDD方式の会社からすれば、望ましいものです。

 

それにもかかわらず、10ロット以上の注文に制限をかけているのは、is6comが実際にはDD方式の会社でだからだと考えられます。

DD方式であり、注文時にディーラーが処理を行うため、大きなロット数の注文は捌ききることができず、大きなロットのトレードに制限をかけているのでしょう。

 

DD方式だと考える理由2

is6comが実際にはDD方式だと考える理由の2つ目は、「一切のリクオートなし、約定拒否なしの取引を提供します」という言葉に反して、リクオートや約定拒否が頻繁に起こっている事です。

 

is6comではトレード中に突然相場が飛んだり、リクオートや約定拒否、ストップ狩りが起こることがあります。

 

リクオートや約定拒否はNDD方式の会社でもしばしば発生することがありますが、経済指標時を除いて発生するのはごく稀です。

 

ごく稀にしか発生しないはずの、リクオートや約定拒否、ストップ狩りなどが起こるのは、is6comが実際にはDD方式であり、トレーダーの損失を利益としているため、よりis6com側が有利なトレードとなるように、操作をしていると考えるほかありません。

 

スプレッドがそれほど狭くない

is6comが発表している平均スプレッドは以下の通りです。

平均スプレッド(pips)
マイクロ口座スタンダード口座プロ口座
AUD/CAD4.73.82.0
AUD/CHF4.43.51.8
AUD/JPY3.72.91.4
AUD/NZD4.33.41.6
AUD/USD2.52.01.0
CAD/JPY3.83.01.4
CHF/JPY3.62.91.5
EUR/AUD4.33.41.7
EUR/CAD4.63.71.9
EUR/CHF3.22.51.2
EUR/GBP2.52.01.0
EUR/JPY2.92.31.1
EUR/NZD6.85.52.9
EUR/USD1.91.50.7
EUR/ZAR190.0185.0175.0
GBP/AUD6.14.82.3
GBP/CAD6.45.12.6
GBP/CHF5.14.43.1
GBP/JPY3.93.11.5
GBP/NZD9.27.64.5
GBP/USD3.12.41.1
NZD/JPY3.93.11.5
NZD/USD3.42.71.3
USD/CAD2.72.11.0
USD/CHF2.92.31.2
USD/CNH25.521.012.0
USD/HKD18.515.08.0
USD/JPY2.01.60.8
USD/MXN60.055.045.9
USD/SGD5.64.52.4
USD/TRY20.418.915.9
USD/ZAR85.080.070.0
ZAR/JPY3.32.81.8

 

 

多くのトレーダーが取り扱うドル円のスプレッドはスタンダード口座で1.6pipsとなっています。スプレッドに強みを持つ海外FX会社の中では、とりわけスプレッドが低いとは言えません。

 

しかしis6comは全口座共通で取引手数料が無料であることは良いことだと思います。

約定スピードに不安がある

 

is6comは約定スピードが遅めです。通常の相場では、それほど約定が遅いと感じる場面は少ないかもしれませんが、相場が激しく動いている時には、スリッページが発生したり、約定拒否が発生することもあります。

 

前述のようにis6comはDD方式であり、相場の動きが激しいと、注文の処理に時間がかかるのかもしれません。

公式サイトには「LOT数が大きくなればなるほど、約定の方が難しくなる傾向にございます」という記載がありますが、実際10ロット以上の注文を行うと、スリッページの発生や約定拒否の確率が大きくなります。

 

またスキャルピングで短期売買した場合も、約定に不安があるため、大きなロットのトレードをしたい方や、スキャルピングをしたい方にはis6comは向いていません。

完全信託保全ではない

上でも触れた通り、is6comは完全信託保全ではありません。完全信託保全の場合、顧客の資金を、会社が流用することができないため、有事の際に債務不履行などにis6comが陥っても顧客の資金は守られます。

 

しかしis6comは顧客の資金を分別管理しているものの、信託保全しているわけではありません。そのためis6comが債務不履行に陥れば、顧客の資金が流用されてしまう可能性があります。

 

会社の破綻時には保険金から顧客の資金の一部もしくは全額が支払われるというFX会社もありますが、is6comはそのような保険を利用しているという記載はありません。

 

海外FXレビューサイトでは評価なし

世界で最も大きい海外FXレビューサイトの1つに「Forex Peace Army」(略称FPA)という会社があります。

 

FPAは大きなレビューサイトで、非常に多くのFX会社のレビューを網羅していますが、is6comのレビューは2018の10月頃まで、ありませんでした。(2019年8月現在、3つのレビューがありますが、平均2未満で、レビューの評価はよくありません。)

 

そのことからもわかるように、is6comはあまり人気がありません。また利用者が少ないため、仮に悪いFX業者だった場合でも、悪い噂が広まりにくいです

 

is6comは出金拒否の疑いあり?

 

2019年の2月に、上記のようなツイートが広く拡散されました。なんでも500,000円を入金し、771,000円勝ったため、残高が1,273,000円になったため、出金しようとしたところ、出金拒否されてしまったようです。

 

出金拒否の原因に関しては、「is6comが悪質な業者であるから」「ボーナスを利用したトレードの利益だから(海外FX会社のボーナスを利用したトレードは出金拒否に会うことが多いです)」など様々な推測がされています。

 

しかしおそらく10ロット以上のトレードを事前に通知せずに行なってしまったため、利益が取り消しになってしまったのでしょう。事前に利用規約やQ&Aを確認していれば、防ぐことができたという見方もできます。

 

ただis6comに一切の落ち度がないということはではありません。10ロット以上のトレードの際には、連絡を必須としているFX会社は非常に珍しく、そのような制限があるなら、トレーダーにわかりやすく伝えることができるはずです。

 

またトレードで発生した利益を無効にするだけでなく、入金した500,000円まで出金できなくなってしまっています。利用規約を違反したトレードをしてしまっていたとしても、やりすぎだと感じます。

 

is6comが悪質な出金拒否業者だとはいえませんが、is6comは不親切だと言わざるを得ないでしょう。