海外FX

XM888倍レバレッジ!知っておくべきポイント・威力・変更方法を解説

こんにちはFX歴8年のSHUNです。

オオカミ君
オオカミ君
XMは最大レバレッジが大きいけど、リスクがありそうだし、どうやってレバレッジを利用すればいいんだろう

そう疑問に思っている方に向けて、XMのレバレッジの知っておくべきポイント・威力・変更方法を紹介します。

このページを読んで身につくこと

  • XMレバレッジの利用方法がわかる
  • XMレバレッジの威力がわかる
  • XMレバレッジの変更方法がわかる

XMのレバレッジに関して知っておくべきポイント

ここではXMのレバレッジを利用したトレードを実践する前に、レバレッジに関して知っておくべきポイントを紹介します。

ゼロカットシステムがある

国内FX会社では、口座残高以上のマイナスが発生した際に、追証(追加保証金)という形で、そのマイナス額をトレーダーが補填しないといけません。

 

例えば必要証拠金維持率が50%の国内FX会社で、証拠金100万円・レバレッジ25倍のトレードをするとします。

 

この時、取引通貨量は25万通貨になるので、300pipsの損失が発生すれば追証が25万円発生し、追加で25万円の口座に入金する必要があるわけです。

 

XMの入金方法は最新版を「XMの入金方法6種類を解説【2019年最新版】もう迷わない!」で解説しているので分からない方は読んでおいてくださいね。

 

 

しかしXMにはゼロカットシステムがあるので、追証を支払う必要はありません。XMで証拠金60万円・レバレッジ888倍で500万通貨のトレードをするとします。

 

もしゼロカットシステムなしで、300pipsの損失が発生すれば、1,500万円の支払いが必要です。しかしゼロカットシステムのおかげで、損失は証拠金60万円分ですみます。

 

最大レバレッジの大きさ=自由度の大きさ

しばしばレバレッジの大きさはリスクの大きさと捉えられます。XMの最大888倍レバレッジを利用してトレードすれば、狙える利益額が大きくなると共に、証拠金がゼロになってしまう可能性が大きくなるのはたしかです。

 

しかし当然のことながら、XMでは888倍のトレードをしないといけないというわけではありません。

利益を発生させることができそうな場面では、XMのハイレバレッジを利用して、ロット数を増やして大きな利益を得て、そうでない時にはレバレッジを小さくして損失を減らすという、戦略の自由を与えてくれるのが、XMの最大ハイレバレッジです。

 

考えなしにハイレバレッジ取引をするべきではない

例えば「この相場なら10pipsは確実に取れるだろう」という相場があったとします。そんな時には、ハイレバレッジで取引をするべきでしょう。

証拠金が10万円だったとすると、レバレッジなしなら100円ほどの利益に留まりますが、888倍のハイレバレッジを利用すれば88,800円の利益になるわけです。

ただしいつでも考えなしに、ハイレバレッジの取引をするべきではありません。XMのロスカットの証拠金維持率は20%です。もし10万円で1,000通貨のトレードをしていれば、滅多なことではロスカットにはなりません。

 

しかし10万円に888倍のレバレッジをかけてトレードをしている場合、約89万通貨のトレードができてしまいます。そうなると10pipsも含み損が発生すれば、強制ロスカットになり、損失は避けられません。

 

口座残高によってレバレッジが制限される

 

XMでは口座タイプによって、利用できる最大レバレッジが異なります。スタンダード口座とマイクロ口座なら888倍のレバレッジを利用できますが、ZERO口座だと利用できる最大レバレッジは500倍です。

また888倍のレバレッジを利用できるスタンダード口座とマイクロ口座でも、全ての口座の残高の合計が$20,000を超えると、利用できるレバレッジが200倍までになります。さらに残高の合計が$100,000を超えると、利用できるレバレッジが100倍まで下がるので、注意してください。

資金が増えたらレバレッジを見直す

XMにはゼロカットシステムがあります。そのため証拠金が小さい間は、ハイレバレッジで取引してゼロカットを食らっても、それほど大きな損失にはならないかもしれません。

しかし資金が増えて証拠金が大きくなれば、話は別です。888倍レバレッジを利用していれば、それほど大きく相場が変動しなくても証拠金がゼロになってしまう可能性があります。

そのため資金が増えたら、どう増やすかと同時に「どう減らさないか」にも重点を置いたトレードをするようにしましょう。

62万円で最大ロット数のトレードが可能

XMのスタンダード口座の最大ロット数は50ロット(500万通貨)です。ドル円を110円とした時に、888倍のレバレッジを利用すれば、下記の式から62万円あれば最大ロット数のトレードができます。

5,000,000通貨×110円÷888倍=619,369円

500万通貨でトレードしていれば、たった5pipsの利益でも、25万円の利益です。

当然ハイレバレッジなので、ロスカットになる危険性があります。しかし勝てるという自信がある場合には利用してみても良いでしょう。

XMのレバレッジトレードのシミュレーション

XMのハイレバレッジを利用すると、資金効率が高まり、上手く勝つことで非常に大きな利益を得ることができます。

  • 最初の純資産額:10,000円
  • 通貨ペア:ドル円(110円)
  • ポジション:買
  • ロスカット証拠金維持率:20%
  • 利確:10pips

 

という条件で、レバレッジ250倍・500倍・888倍でトレードを3回行った場合の利益額を計算していきます。

レバレッジ 250倍

まずは国内FXの最大レバレッジ25倍の10倍である250倍レバレッジでトレードをした場合です。

【レバレッジ250倍】1回目

資産額:10,000円
運用額:2,500,000円
ロット数:0.23ロット(23,000通貨)
利益額:2,300円

資産額が10,000円なので、大きな利益とはいきませんが、資産が一気に23%増えています。

【レバレッジ250倍】2回目

資産額:12,300円
運用額:3,075,000円
ロット数:0.27ロット(27,000通貨)
利益額:2,700円

【レバレッジ250倍】3回目

資産額:15,000
運用額:3,750,000円
ロット数:0.34ロット(34,000通貨)
利益額:3,400円

10,000円からトレードをスタートして、3回目のトレードで18,400円まで増えています。

レバレッジ 500倍

続いて、レバレッジ500倍です。500倍のレバレッジは資金効率が高まりますが、相場の小さな変動でも証拠金維持率が変わります。

【レバレッジ500倍】1回目

資産額:10,000円
運用額:5,000,000円
ロット数:0.45ロット(45,000通貨)
利益額:4,500円

【レバレッジ500倍】2回目

資産額:14,500円
運用額:7,250,000円
ロット数:6.5ロット(65,000通貨)
利益額:6,500円

【レバレッジ500倍】3回目

資産額:21,000
運用額:10,500,000円
ロット数:0.95ロット(95,000通貨)
利益額:9,500円

最終的には資産額が30,500円となり約3倍となっています。しばしばXMでは1ヶ月で資産が数倍〜数十倍になったという人がいるようですが、納得できる利益率です。

レバレッジ 888倍

国内FX会社はもちろん、海外FX会社と比べても高い水準であるレバレッジ888倍を利用した場合の利益額を求めていきます。

【レバレッジ888倍】1回目

資産額:10,000円
運用額:8,880,000円
ロット数:0.8ロット(80,000通貨)
利益額:8,000円

【レバレッジ888倍】2回目

資産額:18,000円
運用額:16,872,000円
ロット数:1.53ロット(153,000通貨)
利益額:15,300円

【レバレッジ888倍】3回目

資産額:33,300
運用額:29,570,400円
ロット数:2.68ロット(268,000通貨)
利益額:26,800円

XMの最大レバレッジでトレードをした場合、10pipsを3連続で取ることができれば、それだけで資金が10,000から約6倍の60,100円になります。もし勝率を70%程度まで高めることができれば、0.7×0.7×0.7で34%の確率で、6倍にできるわけです。

レバレッジの変更方法

口座開設時に低いレバレッジを選んでしまったため、ハイレバレッジの取引が制限されてしまっているという方は、レバレッジを変更する必要があります。

 

まずはXMのトップページから会員ページにログインしましょう。

「ログイン」をクリックします。

会員ページに飛ぶので、「マイアカウントの概要」という項目を探してください。

画像赤枠内の「オプションを選択する」をクリックしてください。

オプションが一覧で表示されるので「レバレッジの変更」を選んでください。

レバレッジの選択画面に移りました。

「1:888」という選択肢が出てくるはずなので、チェックをいれて「リクエスト送信」をクリックしましょう。

このような画面が表示されます。

XMからレバレッジ変更依頼受付通知のメールが届くので、念のために確認しておきましょう。