XM(エックスエム)

XMのスプレッドは本当に広いのか?取引コストを考えるべき理由

全世界FX好きの皆さんこんにちはSHUNです。

オオカミ君
オオカミ君

XMで口座開設をしたいけど手数料が気になる。

口座開設したけど他社と比べてスプレッドはどれくらい優位性があるの?

上記のような方に向けてこの記事を書いていきます。

 

ちなみに私は2019年現在XM取引歴が8年に達しておりどの時間がスプレッドが広いのか?という事や傾向は熟知しています。

ここのページに書かれているスプレッドは自動売買EAで1時間ごとのデータ取りをして最小スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを5年間分計測して載せているのでどの情報サイトよりも正確なスプレッドを提示しています。

実際にデータ取りをした自動売買EAはクラウドワークスの○○さんに作成していただきました。感謝いたします。

 

 

■この記事はこんな疑問を持っている人におすすめ!!

  • XMのスプレッドの広いか気になる
  • XMのゼロ口座のスプレッドが本当に狭くスキャルピング向きなのか?
  • 他の業者と比べてXMのスプレッドは狭いのだろうか?

 

このページでは海外FXの他の人気業者TitanFXとAxioryのスプレッドデータも載せておくので比較をしてみてXMを今後使用するのか?口座開設をするべきなのか?を検討していただければ幸いです。

Contents

XMのスプレッドは広い!というのは勘違い取引コストに注目せよ。

まずスプレッドというのはFX業者を比較する上での1つの要素であることでしかないことは理解しておいてください。国内FXは原則0.1pipsというところが多いですがスプレッドが広がる時間もしっかりあり何が原則なのかはっきり分からない状態です。

 

国内海外問わずですが滑りが多かったり急に約定が遅かったりする場合もあります。

これは体感としてではなくて私は自動売買取引も頻繁に行うのでデータとしてそのようなデータがあります。XMの場合はマジで安定していて、ロジックや手法が勝てるものであれば、しっかり勝たせてくれるFX業者になります。

各業者のスタンダード口座のスプレッドの比較

通貨ペアXMAxioryTitan FX
USD/JPY1.7pips1.3pips1.2pips
EUR/USD1.9pips1.2pips1.1pips
EUR/JPY2.4pips1.2pips1.2pips
GBP/JPY3.6pips1.6pips1.9pips
GBP/USD2.3pips1.0pips1.3pips
AUD/JPY3.3pips1.8pips1.5pips
AUD/USD1.6pips1.6pips1.2pips

 

上記は各業者の5年間の平均スプレッドで窓開け時や指標発表時も含めたものです。これだけみると確かにスプレッドは広いです。

しかしあなたが本当にきにしなくてはならないのが取引コストになります。

 

スプレッドよりも大切な取引コストと会社としての信頼性

XMの信頼性を語る画像

スプレッドではなくて取引コストを気にするべきなのはXMにはXMポイントがあり取引するたびにお金が戻ってくるシステムや入金ボーナスで資金が2倍になるからです。これはAxioryやTitanFXには一切ありません。

 

そもそもの問題として、あなたが5LOTの取引をしたいとしてボーナスなしのFX業者とXMのように資金が2倍になるFX業者を使った場合どちらがコストを抑えて取引が出来るのでしょうか?

こたえは簡単でスプレッドの壁なんて軽く超えてXMにメリットがあります。XMのボーナスについてはを「XMのボーナスの詳細やルール・リセットについて解説!!」ご覧ください。

 

海外FX業者のスプレッドは国内業者よりも広い傾向にある

XMのボーナスはスプレッドの壁を超える話はしましたが、そもそも海外FX業者のスプレッドは一般的に国内FX業者のスプレッドよりも広がりやすい傾向があるのは間違いありません。

ですが楽天FX事件を知っている人は楽天が何をしたのか?そして一瞬100Pipsまでスプレッドを広げた過去があること、セントラル短資がトラリピを宣伝していますがドル円がたまに4pipsものスプレッドを提示している事実も理解しましょう。

ndd取引のイメージ

 

そもそも国内FXと海外FXの注文方式と業者の考え方の違いがありまして国内FXはDD方式と呼ばれる注文方式をほとんど採用しています。

 

この方式では、顧客からの注文を受けたディーラーは、注文をインターバンクに流さず呑むことで、顧客が負け=業者側の利益という稼ぎ方が可能です。海外FXでもNDD業者として運営していても実際はDD業者である場合もありますがXMは問題なくNDD業者です。

 

海外FX業者の場合国内FX業者と比較するとNDD業者の割合は多くなり、NDD業者の注文方式は注文方式はディーラーの判断で顧客からの注文を呑むことができないようになっています。

純粋にスプレッドなどの手数料から利益を得るしかないため、スプレッドを著しく狭めることは出来ません。

 

もしかしたら国内FXの方がスプレッドが狭くて良いのかなと思われるかもしれないが、それは全く見当違いで海外FXでは、追証制度がなく、ゼロカット方式を採用しており限りなく低リスクなのです。

 

普通投資や投機を始めるときには不動産投資ならそもそも借金して始めるし、調子がわるければ借金を負うわけです。しかし海外FXはそのリスクは全くありません。

投資投機で考えた時に正に神サービスな訳です

 

XMのマイクロ口座・スタンダード口座・ZERO口座のスプレッドを比較

ここまでの話でスプレッドはFX業者を選択する上で1つの指標でしかないことを解説してきましたので、これからは実際に5年間収集した最低スプレッド、最大スプレッド、平均スプレッドを提示して口座の比較や他のFX業者との比較を行っていきたいと思います。

 

まずは、XMで提供されている「マイクロ口座」「スタンダード口座」「ZERO口座」のスプレッドを比較です。

 

マイクロ口座とスタンダード口座の通貨ペアのスプレッド一覧

まず説明しておきたいのはスタンダード口座とマイクロ口座のスプレッドは全く遜色がないのでマイクロ口座のスプレッド表記はこのページでは除外をします。

マイクロ口座は低ロットを取引するための口座なので、1000通貨未満をトレードしたい人はマイクロを選び、そうでなければスタンダードでOKです。判断基準は本当にこれだけです。

 

下記の表はスタンダード口座のFX通貨ペアを1時間毎に計測したもの平均化したものです。

  • 平均最低スプレッド・・1時間ごとの最低スプレッドの平均化
  • 平均最大スプレッド・・1時間ごとの最大スプレッドの平均化
  • 窓開け時の平均スプレッド・・月曜日の市場オープン時のスプレッドを平均化
  • 平均スプレッド・・・全ての時間のスプレッドを平均化

 

メジャー通貨(クロス円)

通貨ペア平均最低スプレッド平均最大スプレッド平均スプレッド窓開け時の平均スプレッド
USDJPY1.2pips2.1pips1.79pips4.8pips
EURJPY1.9pips2.5pips2.46pips7.7pips
CHFJPY2.8pips3.2pips3.29pips5.2pips
AUDJPY2.8pips3.4pips3.18pips5.1pips
GBPJPY2.7pips3.9pips3.63pips5.3pips
CADJPY2.8pips3.4pips3pips4.9pips
NZDJPY2.3pips3.2pips3.12pips4.6pips

メジャー通貨(その他)

通貨ペア平均最低スプレッド平均最大スプレッド平均スプレッド窓開け時の平均スプレッド
EURUSD1.2pips2pips1.63pips3.8pips
AUDUSD1.3pips2pips1.89pips4.8pips
EURGBP1.3pips1.9pips1.78pips5.2pips
GBPUSD1.6pips2.4pips2.16pips6.1pips
USDCHF1.8pips2.2pips2.43pips6.3pips
USDCAD1.7pips2.4v2.565.8pips
EURCHF2.2pips2.5pips2.896.8pips
NZDUSD2.7pips3pips3.18pips8.1pips
AUDCAD2.4pips3pips2.69pips7.8pips
AUDCHF2.4pips3pips2.89pips5.9pips
EURCAD3pips4.3pips3.36pips8.6pips
EURAUD2.8pips3.5pips3.48pips8.9pips
CADCHF2.9pips3.8pips3.89pips9pips
GBPAUD3.9 pips4.3pips4.26pips9.1pips
AUDNZD3.5pips4.7pips3.78pips9.8pips
GBPCHF3.9pips4.6pips4.21pips9.9pips
NZDCAD3.8pips4pips4.01 pips10pips
NZDCHF3.8 4pips4pips4.12pips10.3pips
GBPCAD3.9pips5.8pips5.36pips12.1pips
EURNZD4.9pips7pips5.63pips12.6pips
GBPNZD4.8pips7pips5.9pips12.6pips

マイナー通貨(ヨーロッパ)

【通貨ペア】平均最低スプレッド平均最大スプレッド平均スプレッド窓開け時の平均スプレッド
EURDKK*30.5pips28.2pips30.5pips30.5pips
USDDKK*31.3pips36.2pips34pips62.1pips
USDPLN43.9pips3.83pips44.6pips60.3pips
USDSEK48.6pips51.1pips48.9pips52.3pips
EURPLN5.1 pips47pips5.33pips8.91pips
EURSEK67.9pips45.2pips67.9pips67.9pips
GBPDKK*55.2pips57.2pips55.2pips55.2pips
USDNOK61.8pips64.4pips63.4pips72.9pips
EURNOK74.8pips63.9pips77pips78.9pips
USDTRY*88.7pips6.9pips90.23pips110pips
EURTRY*79.8pips89.1pips86.2pips108pips
GBPNOK103.8pips7.7pips103.8pips103.8pips
GBPSEK8.99pips9.8pips9.612pips12.3pips
USDHUF27.8pips21.5pips31.6pips38.6pips
EURHUF3.4pips3.7pips3.63pips4.1pips

マイナー通貨(ヨーロッパ以外)

【通貨ペア】平均最低スプレッド平均最大スプレッド平均スプレッド窓開け時の平均スプレッド
EURSGD15.9pips16.8pips17.1pips42.1pips
USDSGD18.6pips1.97pips19.4pips20.1pips
CHFSGD2.3pips24pips2.3pips2.3pips
NZDSGD20.3pips27.7pips26.1pips29.1pips
GBPSGD27.9pips29pips30.3 pips32.3pips
SGDJPY14.3pips19.6pips20.9pips20.6pips
USDHKD*2.43pips3.9pips2.63pips5.8pips
EURHKD*28.6pips30.1pips31.4pips62.3pips
USDCNH*3.2pips36.3pips3.51pips8.1pips
USDMXN118.2pips171pips118.2pips118.2pips
EURZAR159.1pips123pips16.4pips169.3pips
USDZAR14.3pips16.6pips15.1pips16.1pips
EURRUB*572.9pips41.8 pips572.9pips593.1pips
USDRUB*415pips41.3pips415pips41.3pips

 

要点をまとめると以下のようになる。

  • マイナー通貨はスプレッドが全体的に広い
  • 取引量の多いドルストレートやクロス円通貨は全体から見るとスプレッドが狭め
  • 特にスプレッドが狭いのは、ドル円・ユーロドル・ユーロ円・ユーロポンド
  • 月曜日の窓開け時はどの通貨ペアもスプレッドが広がる

XMのスタンダード口座のスプレッドは、メジャー通貨よりもマイナー通貨の方がスプレッドが広い。なかには最低でも100pips以上のスプレッドになる通貨ペアもあるぐらい、これはXMにかぎらず「そうゆう通貨」なので他のFX業者も同じです。

 

これはXMの特徴ですが通貨ペアの中で取引条件が特に良いのはドル円・ユーロドル・ユーロ円・ユーロポンドの4つこれらの通貨ペアはいずれも平均スプレッドが狭く、最大スプレッドも広がりにくいです。

 

ドル円に関してはボーナスを提供していないFX業者に迫る勢いなので後述します。

ただし、注目してい欲しいのはどの通貨ペアでも月曜日の早朝はトレードを避けたほうが良い、という事です。FXトレードを経験している方なら理解していると思いますが窓開けが起きやすく、平均スプレッドがその他の時間よりも、3倍以上に広がることが多いです。

 

早朝の時間帯と月曜日の早朝はスプレッドが大きく広がるので利益を出すのは大変です。

 

ZERO口座の通貨ペアのスプレッド一覧

次にいよいよZERO口座のスプレッドを見てみましょう。

なおZERO口座のスプレッドはマイクロ口座やスタンダード口座のスプレッドよりも狭いが、1ロット毎に取引手数料として片道5ドルが掛かかり取引をする時に掛かるスプレッドは、スプレッド単体の狭さだけでなく、取引手数料を加えたスプレッドで考えなければならなりません。

メジャー通貨(クロス円)

通貨ペア平均最低スプレッド平均最大スプレッド平均スプレッド窓開け時の平均スプレッド
USDJPY0pips0.6 pips0.31pips2.6pips
EURJPY0pips0.5pips0.43pips4.5pips
GBPJPY0.5pips1.8pips1.28pips8.4pips
CHFJPY0.4pips1.2pips1.07pips5.8pips
AUDJPY0.4pips1.4pips1.12pips3.9pips
CADJPY0.8pips1.4pips1.36pips4.8pips
NZDJPY1.4pips2.1pips2.23pips5.7pips

メジャー通貨(その他)

通貨ペア平均最低スプレッド平均最大スプレッド平均スプレッド窓開け時の平均スプレッド
EURUSD0pips1.8 pips0.2pips2.8pips
AUDUSD0pips0.7pips0.27pips1.2pips
GBPUSD0pips0.8 pips0.48pips6.7pips
EURGBP0pips0.6pips0.46pips3.8pips
USDCAD0pips0.5pips0.46pips1.3pips
USDCHF0pips0.7pips0.49pips3.2pips
EURCHF0.4pips1.3pips0.96pips4pips
EURCAD0.4pips1.5pips0.83pips25.1pips
AUDCAD0.6pips1.5pips1.01pips4pips
EURAUD0.7pips2.2pips1.56pips6pips
NZDUSD0.7pips1.4pips1.31pips4.5pips
AUDCHF0.6pips1.2pips1.22pips3.6pips
GBPCHF0.8pips1.8pips1.48pips6.7pips
AUDNZD0.6pips1.7pips1.41pips7.3pips
CADCHF1.2pips1.8pips2.06pips5.2pips
NZDCAD1.7pips2.2pips2.26pips6.4pips
GBPAUD1.3pips2.7pips2.04pips9.6pips
GBPCAD1.8pips2.3pips2.3pips8.6pips
EURNZD2.4pips4.6pips3.53pips10.1pips
NZDCHF1.9pips2.8pips2.83pips6.6pips
GBPNZD2.2pips4.2pips3.54pips14.5pips

マイナー通貨(ヨーロッパ)▼

通貨ペア平均最低スプレッド平均最大スプレッド平均スプレッド窓開け時の平均スプレッド
SDDKK*6.8pips8.1pips7.52pips27.4pips
EURDKK*8pips11pips12pips37.4pips
USDPLN26pips27.3pips19.1pips43.8pips
USDSEK48pips28.9pips57.8pips100pips
EURPLN28.1pips43.8pips37.64pips75pips
EURSEK4.9 pips47.5pips29.1pips86pips
GBPDKK*29.3pips42.3pips31.6pips79.5pips
USDNOK26pips48.9pips21.8pips83pips
EURNOK5.84pips43.6pips7.01pips86pips
USDTRY64.9pips89pips78.9pips116.7pips
EURTRY64.81pips65.5pips77.83pips120pips
GBPNOK54.2pips79pips68.1pips225pips
GBPSEK62.1pips89.1pips73.3pips201pips
USDHUF17pips12.6pips19.1pips43pips
EURHUF17.6pips25.1pips22.4pips63.9pips

マイナー通貨(ヨーロッパ以外)▼

通貨ペア平均最低スプレッド平均最大スプレッド平均スプレッド窓開け時の平均スプレッド
EURSGD7.4pips9.7pips9.24pips19.8pips
USDSGD11pips15.5pips12.3pips23.6pips
CHFSGD11.7pips29.6pips16.23pips25.1pips
NZDSGD16.5pips31.9pips21.6 pips28.9pips
GBPSGD8.4pips14.1pips9.9pips26pips
SGDJPY9pips14.3pips11.3pips24.3pips
USDHKD*0.2pips0.8pips0.64pips2.9pips
EURHKD*12pips17.1pips17.1pips50pips
USDMXN51pips54.3pips53.1pips129pips
EURZAR42.3pips92.6pips84.3pips258pips
USDZAR8.2pips12.1pips11.9pips25pips
USDRUB*283pips281pips283pips29pips
EURRUB*327.1pips324pips334.9pips338.1pips

 

要点をまとめると以下の通りです。

  • ユーロドルやドル円などは最低スプレッドが0の時間もある
  • メジャー通貨もマイナー通貨もスプレッドが狭くなる
  • 1ロット毎に取引手数料が片道5ドル掛かる
  • 窓開けしてもスプレッドが広がりにくくなる
  • マイナー通貨の取引がしたい人はZERO口座が良い
  • スキャルピングやデイトレードには特におすすめ

 

まずゼロ口座は全体的にどの通貨ペアもマイクロ口座やスタンダード口座よりも明らかにスプレッドが狭くなるというのは理解しておいてください。

 

ちなみに手数料込で1取引当たりの取引コストを計算すると手数料込みでもZERO口座のほうが安く済みます。冒頭の話に戻りますがスタンダード口座とマイクロ口座は100%ボーナスがあるので、取引コスト半分になるんじゃね?という考えは、このページでは省きます。

 

ちなみに「ユーロドル」「ドル円」「ユーロ円」などの通貨に至っては、スプレッドがゼロと言うタイミングもあるぐらいで考えるべきは手数料のみという時間も発生します。

平均スプレッドもとても狭く、平均スプレッドが3ピップスに収まっている通貨ペアが増加し窓開け時のスプレッドもマイクロ口座やスタンダード口座よりも広がりにくくなっているので、どうしても早朝にトレードしたい人にはゼロ口座はおすすめです。

 

まとめるとZERO口座は以下のトレーダーには特におすすめの口座である。

■ZERO口座をおすすめできる人

  • マイナー通貨の取引が得意
  • スキャルピングが得意なトレーダー
  • ボーナスよりも1取引の取引コストを選ぶトレーダー

スキャルピングやデイトレードは、取引回数が多いため、スプレッドが狭いことが重要である。したがって、ZERO口座での取引以外というの考えも自分はアリだと思います。

貴金属CFDのスプレッド一覧

次に貴金属CFDのスプレッドについて解説する。XMではゴールドやシルバーの取引が可能で貴金属のスプレッドについてはそこまで広いわけではありません。

ただスプレッドが狭い時と広がる時の差が激しいので、なるべくスプレッドの狭いタイミングで取引をするべきですね。

通貨ペア最低スプレッド平均最大スプレッド平均平均スプレッド窓開け時の平均スプレッド
ゴールド1.1pips2pips2.01pips5.5pips
シルバー1.03pips1.9pips1.96pips3.1pips

 

 

株価指数CFDのスプレッド一覧

次に株価指数CFDのスプレッドについて解説していきます。XMには株価指数CFDと先物CFDがあるのでそれぞれのスプレッドを以下の表にまとめてみました。

 

シンボル最低スプレッド最大スプレッド平均スプレッド
AUS200Cash47pips55pips55pips
CHI50Cash2.1pips2.3pips2.1pips
EU50Cash26pips29pips26pips
FRA40Cash18pips22pips18pips
GER30Cash20pips50pips20pips
HK50Cash1.4pips1.4pips1.4pips
IT40Cash1.3pips1.3pips1.3pips
JP225Cash1.2pips1.2pips1.2pips
NETH25Cash6pips7.5pips6.8pips
POL20Cash0.3pips0.3pips0.3pips
SINGCash6.5pips6.5pips6.5pips
SPAIN35Cash0.6pips0.6pips0.6pips
SWI20Cash50pips70pips50pips
UK100Cash15pips51pips15pips
US100Cash25pips30pips28pips
US30Cash28pips36pips32pips
US500Cash7pips9pips8pips

 

先物の株価指数CFDのスプレッド

シンボル最低スプレッド最大スプレッド平均スプレッド
CHI502.1pips2.1pips2.1pips
EU5026pips26pips26pips
FRA4018pips18pips18pips
GER3020pips90pips20pips
JP2251.2pips2.4pips1.2pips
SING6.5pips9pips6.5pips
SWI2050pips60pips54pips
UK10015pips110pips15pips
US10030pips50pips40pips
US3036pips65pips40pips
US5007pips12pips9pips
USDX5pips5pips5pips

 

 

先物CFDの方が通常の株価指数より数は少ないが、スプレッドに違いはなく、注目したいのは株式指数によってスプレッドに大きな差があるこですね。

「AUS200」「EU50」「GER30」「SWI20」のスプレッドはいずれも広く、一方で、「JPN225」(日経225のこと)「HK50」「IT40」「POL20」のスプレッドはFXのメジャー通貨並みの狭さです。

 

FXのトレーダーでも日経225のCFDは人気が高いので、このスプレッドの狭さはありがたいと個人的には考えています。

エネルギーCFDのスプレッド一覧

次にエネルギーCFDのスプレッドを表にまとめた。XMの取り扱いがあるのは「ブレントオイル」や「天然ガス」「原油」など4種類です。

エネルギーCFDのスプレッド一覧

シンボル最小スプレッド最大スプレッド平均スプレッド
BRENT0.5pips0.8pips0.5pips
GSOIL15pips15pips15pips
NGAS4.1pips4.1pips4.1pips
OIL0.5pips0.5pips0.5pips
OILMn0.5pips0.5pips0.5pips

 

 

原油系のCFDはほとんどのシンボルがスプレッドは狭い。特にブレントオイルと原油はスタンダード口座の通貨ペアの中でもかなり狭いスプレッドである。

エネルギー関連のCFDで唯一スプレッドが広いのはGSOIL(軽油)ぐらいのものでしょう。

XMはCFDも取引しやすいが

オイル系の取引をメインで行いたいならiFOREXのスプレッドの方が狭いのでiFOREXで取引するのが良いと思います。

コモディティーCFDのスプレッド一覧

最後にコモディティーCFDのスプレッドをまとめた結果が以下の表です。

シンボル最低スプレッド最大スプレッド平均スプレッド
COCOA0.9pips1.5pips1.2pips
COFFE6pips8pips7.8pips
CORN24.5pips29pips27.5pips
COTTO3.8pips4.7pips4.5pips
HGCOP7.7pips8.9pips8.7pips
SBEAN18.5pips18.5pips18.5pips
SUGAR0.9pips0.9pips0.9pips
WHEAT25pips25 pips25pips

XMのコモディティは他社と比較しても種類が豊富でスプレッドも広くなく、ココアや砂糖などはスプレッドが狭く取引しやすく、また「大豆」「砂糖」「小麦」はスプレッドがほとんど変動しないので、安心して取引ができる。

 

XMの通貨ペアのスプレッドを他社と比較

ここからはXMの通貨ペアのスプレッドを他社と比較していこうと思います。ここまでXMのスプレッドは分かったと思いますが他社と比較して結局どうなの?というのが気になるところだと思います。

調査対象は、海外FXの中でも日本人に人気が高いXM・Axiory・TitanFXの3社で、このページを書いた時のそれぞれのリアルタイムスプレッドを調べてみました。調査の時間は、取引をする人が多いニューヨーク時間です。

スタンダード口座で比較

まずは、XM、Axiory、TitanFxのスタンダード口座の通貨ペアのスプレッドを比較していきます。

XMスタンダード口座のスプレッド一覧

XMリアルタイムスプレッド画像1
XMリアルタイムスプレッド2
XMリアルタイムスプレッド3
XMリアルタイムスプレッド4

 

Axioryスタンダード口座のスプレッド一覧

Asioryリアルタイムスプレッド1
Asioryリアルタイムスプレッド2
Asioryリアルタイムスプレッド3
Asioryリアルタイムスプレッド4

 

Titan FXスタンダード口座のスプレッド一覧

TitanFXリアルタイムスプレッド1
TitanFXリアルタイムスプレッド2
TitanFXリアルタイムスプレッド3
TitanFXリアルタイムスプレッド4

そして、以下の表は、主要な通貨ペアの平均スプレッドを一覧でまとめたものになります。

各業者のスタンダード口座のスプレッドの比較

通貨ペアXMAxioryTitan FX
USD/JPY1.7pips1.3pips1.2pips
EUR/USD1.9pips1.2pips1.1pips
EUR/JPY2.4pips1.2pips1.2pips
GBP/JPY3.6pips1.6pips1.9pips
GBP/USD2.3pips1.0pips1.3pips
AUD/JPY2.8pips1.8pips1.5pips
AUD/USD1.6pips1.6pips1.2pips

 

スタンダード口座で比較してみると、どうしてもAxioryやTITAN FXよりもスプレッドは広い。ということが分かります。

しかし冒頭でも言った通り実はそこまで悲観することでもなく、XMには取引をするごとにXMPと呼ばれるポイントが貯まりそれを現金に変えたり証拠金として使えるボーナスに変えることが出来ます。

XMポイントがあればどのぐらいお得なのか

XMポイントは最上位のエリートであれば、1ロットあたり20XMPがもらえる。XMPの価値はボーナスに交換した場合、およそ6ドルである。

しかも入金ボーナスがあるので取引コストでいえば入金額にもよりますが圧倒的に取引コストが安くすみます。

XMポイントは片道に直せば、3ドルの価値なので、この点を踏まえてもう一度計算してみた結果が以下の表になります。

 

XMポイントを加味した各業者のスタンダード口座のスプレッドの比較

通貨ペアXMAxioryTitan FX
USD/JPY1.1pips1.3pips1.2pips
EUR/USD1.3pips1.2pips1.1pips
EUR/JPY1.8pips1.2pips1.2pips
GBP/JPY3.0pips1.6pips1.9pips
GBP/USD1.7pips1.0pips1.3pips
AUD/JPY2.2pips1.8pips1.5pips
AUD/USD1.2pips1.6pips1.2pips

 

まずXMでは取引ごとにXMPボーナスがもらえるので、実質スプレッドはさらに狭くなり、それでもまだ他社とのスプレッドの差はあるが、XMは比較した2社にはない魅力があります。

最大レバレッジ888倍と入金ボーナスの存在で入金ボーナスで証拠金2倍になるのだから取引コストはさらに安くなり、スプレッドは半分になるとも考えています。というか入金ボーナスって最強だと思ってます。

ゼロ口座のECN口座で比較

次にECN口座のスプレッドを比較してみよう。

XMのECN口座のスプレッド一覧

XMのECN口座スプレッド
XMのECN口座スプレッド2
XMのECN口座スプレッド3
XMのECN口座スプレッド4

AxioryのECN口座のスプレッド一覧

AxioryのECN口座のスプレッド
AxioryのECN口座のスプレッド2
AxioryのECN口座のスプレッド3
AxioryのECN口座のスプレッド4

Titan FXのECN口座のスプレッド一覧

TitanFXのECN口座のスプレッド
TitanFXのECN口座のスプレッド2
TitanFXのECN口座のスプレッド3
TitanFXのECN口座のスプレッド4

 

次に主要通貨の平均スプレッドを比較してみます。なお、それぞれの業者ごとに片道の手数料を載せた実質スプレッドを明記しているので実コストを計算しやすいようになっています。

各業者のECN口座の平均スプレッド(手数料込)の比較

 

通貨ペアXMAxioryTitan FX
USD/JPY0.6pips0.4pips0.45pips
EUR/USD0.8pips0.5pips0.45pips
EUR/JPY1.0pips0.7pips0.55pips
GBP/JPY1.8pips1.2pips1.55pips
GBP/USD1.1pips0.5pips0.85pips
AUD/JPY1.6pips1.0pips0.95pips
AUD/USD0.9pips0.7pips0.55pips

 

ECN口座においてもXMのスプレッドは他社よりも広い。しかし、先程と同じくXMPを計算に加えてみた結果が以下の表の通りだ。

各業者のECN口座のスプレッド(手数料とXMポイント込み)の比較

 

通貨ペアXMAxioryTitan FX
USD/JPY0.3pips0.4pips0.45pips
EUR/USD0.5pips0.5pips0.45pips
EUR/JPY0.7pips0.7pips0.55pips
GBP/JPY1.5pips1.2pips1.55pips
GBP/USD0.8pips0.5pips0.85pips
AUD/JPY1.3pips1.0pips0.95pips
AUD/USD0.6pips0.7pips0.55pips

 

ドル円やユーロドルのスプレッドは、AxioryやTitan FXよりも狭くなり、ユーロ円・ポンドドル・オーストラリアドルについても同じぐらいなのでスプレッドに差があるとはいえない。

XMは他社と比較するとややスプレッドが広いですが、XMPボーナスがもらえるので、実のところそこまで差があるわけではありません。

したがって、総合的に見れば、他社と比較しても十分XMのスプレッドは狭いことが分かります。

 

 

ちょっと広告

このサイトだけ特典が得られるFX会社一覧

  • XM・・今なら口座開設だけで3000円の資金プレゼント中&運営者取引マニュアルプレゼント
  • iFOREX・・規定取引量で1万円プレゼント ※1
  • IronFX・最低入金額1万円でVIP口座適用 ※1
  • Easymarkets・・通常入金ボーナス50%のところ当サイトでは100%。さらに規定取引量で1万円プレゼント ※1
  • GKFX・・規定取引量で3000円プレゼント
  • Axiory
  • Titanfx


※1は実際にFX会社訪問などをして特別に提供できている内容です。 以降本文に戻ります。

XMのスプレッドが広がりやすい時間帯は早朝!

XMのスプレッドは他社と比較すると安定しているなと私は考えています。TwitterでFXレート不正と調べると国内海外問わずレートが飛んでいる画像が散見されますが、その中にXMは1つも報告されていません。

 

ただ、そんなXMでもスプレッドが広がりやすい時間帯は存在します。それは早朝の時間帯。

特にニューヨーク時間が終わった直後の1時間はスプレッドが一気に広がるので要注意です。

 

この時間帯のトレードは、よほどの利益を出さなければならないので、初心者の方は避けるべきであるのですが、その理由はこの時間帯の市場参加者が少なく、カバー先のいくつかがスプレッドを出さなくなることが考えられる。

XMなどの海外FX業者は、複数のカバー先から一番条件の良いレートを投資家に提示しているが、それでも広くなります。

 

一方で、値動きが激しくなりやすい経済指標の発表時間は、実はほとんどスプレッドは広がらないので、この時間帯はスプレッドを気にせずスキャルピングやデイトレードができるのだ。

XMのスプレッドを時間別に解説

ここからはXMのスプレッドを時間帯別に解説していきます。私はXMの口座を保有しているので、実際に時間ごとのリアルタイムのスプレッドを載せていきます。

 

早朝は主要通貨でもスプレッドが広がりやすい

早朝は、スプレッドが広がりやすい時間帯です。以下の画像は早朝時間のXMスタンダード口座のスプレッドだが見ていただけると分かると思います。

スタンダード口座の早朝のスプレッド

XMスタンダード口座早朝スプレッド1
XMスタンダード口座早朝スプレッド1
XMスタンダード口座早朝スプレッド3
XMスタンダード口座早朝スプレッド4

 

次の画像はECN口座の早朝のスプレッドです。

ゼロ口座(ECN口座)の早朝のスプレッド

ゼロ口座ECN口座早朝スプレッド1
ゼロ口座ECN口座早朝スプレッド1
ゼロ口座ECN口座早朝スプレッド3
ゼロ口座ECN口座早朝スプレッド4

次は主要通貨のスプレッドを表にまとめたものになります。

■XMの早朝時間のスプレッドを比較

通貨ペアスタンダード口座ECN口座
USD/JPY3.2pips3.9pips
EUR/USD3.2pips2.1pips
EUR/JPY6.1pips4.6pips
GBP/JPY14.3pips13.7pips
GBP/USD9.6pips9.9pips
AUD/JPY4.9pips3.3pips
AUD/USD2.3pips1.2pips

 

正直このスプレッドはとても広いため、トレードをしないほうがましなぐらいです。なお、スプレッドが広がりやすい早朝時間は夏時間と冬時間では違うので注意してください。

スプレッドが広がりやすい時間帯

時間時期スプレッドの広がりやすい時間
夏時間3月〜11月午前6時〜午前7時
冬時間11月〜3月午前7時〜午前8時

 

東京時間のスプレッドは安定している

早朝の時間を過ぎた後はスプレッドは再び狭くなる。東京時間のスプレッドも安定しているので取引しやすい時間帯だ。

スタンダード口座の東京時間のスプレッド

XMスタンダード口座の東京時間スプレッド1
XMスタンダード口座の東京時間スプレッド2
XMスタンダード口座の東京時間スプレッド3
XMスタンダード口座の東京時間スプレッド2

 

ECN口座の東京時間のスプレッド▼

XMゼロ口座東京時間スプレッド
XMゼロ口座東京時間スプレッド2
XMゼロ口座東京時間スプレッド3
XMゼロ口座東京時間スプレッド4

次に主要通貨のスプレッドをまとめた結果が以下の表である。

■XMの東京時間のスプレッドを比較

スタンダード口座ECN口座
USD/JPY1.6pips0.6pips
EUR/USD2.0pips0.6pips
EUR/JPY2.4pips1.0pips
GBP/JPY4.0pips1.7pips
GBP/USD2.4pips1.0pips
AUD/JPY3.4pips1.6pips
AUD/USD1.8pips0.9pips

どの通貨もスプレッドが狭まっている。特にゼロ口座のスプレッドは総じて狭くなっている。

スイングトレードが得意な人は、なるべく早朝の時間を外して、東京時間が始まる頃に取引をしたほうが良いだろう。

ロンドン時間は取引量が多くなるがスプレッドは狭い

ロンドン時間は取引が活発化してくる時間帯だ。ロンドン時間終盤になるとニューヨーク勢も参加するためさらに取引が多くなる。

スタンダード口座のロンドン時間のスプレッド

[2-left bg_color=”#f7f7f7″] XMスタンダード口座ロンドン時間スプレッド [/2-left]
XMスタンダード口座ロンドン時間スプレッド2
XMスタンダード口座ロンドン時間スプレッド3
XMスタンダード口座ロンドン時間スプレッド4

XMゼロ口座(ECN口座)のロンドン時間のスプレッド

xmゼロ口座ECNのロンドン時間スプレッド
xmゼロ口座ECNのロンドン時間スプレッド2
xmゼロ口座ECNのロンドン時間スプレッド3
xmゼロ口座ECNのロンドン時間スプレッド4

 

以下の表はロンドン時間の主要通貨のスプレッドの比較です。

XMのロンドン時間のスプレッドを比較

通貨ペアスタンダード口座ECN口座
USD/JPY1.6pips0.6pips
EUR/USD1.8pips0.6pips
EUR/JPY2.4pips0.9pips
GBP/JPY3.5pips1.5pips
GBP/USD2.2pips0.7pips
AUD/JPY3.3pips1.8pips
AUD/USD1.8pips0.8pips

 

ロンドン時間のスプレッドは、取引量が多いにも関わらずスプレッドは狭く、特にゼロ口座のスプレッドはドルストレートの通貨ペアを中心にとても狭いので、スキャルピングにはうってつけの時間帯です。

これだけ狭いのであれば、取引で利益を出しやすくもなりますね。

ニューヨーク時間のスプレッドは全時間帯の中で一番狭い

最後にニューヨーク時間のスプレッドを調べました。ニューヨーク時間は日本時間で深夜の時間帯になります。

スタンダード口座のニューヨーク時間のスプレッド

XMスタンダード口座のニューヨーク時間スプレッド
XMスタンダード口座のニューヨーク時間スプレッド2
XMスタンダード口座のニューヨーク時間スプレッド3
XMスタンダード口座のニューヨーク時間スプレッド4

 

ゼロ口座(ECN)のニューヨーク時間のスプレッド

 

次にXMの主要通貨のスプレッドを比較です。

xmゼロ口座ニューヨーク時間スプレッド
xmゼロ口座ニューヨーク時間スプレッド2
xmゼロ口座ニューヨーク時間スプレッド3
xmゼロ口座ニューヨーク時間スプレッド4

XMのニューヨーク時間のスプレッドを比較

通貨ペアスタンダード口座ECN口座
USD/JPY1.7pips0.8pips
EUR/USD1.9pips0.6pips
EUR/JPY2.4pips1.0pips
GBP/JPY3.6pips1.8pips
GBP/USD2.3pips1.1pips
AUD/JPY3.3pips1.6pips
AUD/USD1.8pips0.9pips

 

XMのニューヨーク時間のスプレッドはどの通貨もとても狭く深夜に起きて取引をするのは大変だが、一番利益を出しやすい時間帯でもあります。

特にロンドン時間〜ニューヨーク時間にかけてはスプレッドも狭くなるので、スキャルピングやデイトレードをしたい人はこの時間帯に取引するべきですね。

まとめ!XMのスプレッドは他社と比較しても遜色ない

最後にこのページでXMのスプレッドを他社と比較した結果をまとめると提示されているスプレッドはXMは広いというのは多くの方の予想通りでしたが、取引コストとして考えるとXMは他の海外FXブローカーと比べてもまったく遜色なく取引できることが分かりました。

冒頭でも解説した通り初回の口座開設ボーナス3000円や入金100%ボーナスを考えれば取引コストは安く済みますしXMポイントは上限なしに証拠金になったり現金に変えることができます。

そしてスプレッドとはFXブローカー選びの一つの指標に過ぎず約定不正やゼロカットにおいて安心できるXMはトレーダーを勝たせてくれるFXブローカーといえることが出来ます。

ShunFXおすすめ海外FXブローカー
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です